あいテレビのご案内ABOUT US

あいテレビについて

    

放送番組審議会

第285回あいテレビ放送番組審議会 議事録

開催日 2021年3月 2日(火) 出席委員数 7名
委員長 三浦 征紀
委員 森本 三義(副委員長) 二神 透 白石 久美 長谷川 容子 中島 珠実 山本 亜紀子
議事

2020年12月29日(土)午後2時30分~午後3時24分放送の
夢の栗 ふるさと・石畳をつなぐ』 について審議しました。

今回の番組は、内子町の過疎化と農業の衰退を案じ、"地域を未来につなぐ"という考えで、
栗の産地である石畳地区に「石畳つなぐプロジェクト」を立ち上げ、『石畳栗』のブランド化を目指していて、生産から販売までの様子を取材した番組であった。


委員から
・タイトルと内容がマッチしていて良かったように思う。
・オープニング部分での石畳地域の紹介に始まり、プロジェクトの概要、栗の栽培方法の改善、携わる農家の理解と協力、販路拡大のための努力の様子などを、丁寧に取材し時系列に編集して、分かりやすい放送であった。
・プロジェクトの責任者寶泉社長に共感して、活発に栽培方法の指導から商品開発まで活躍する山田さん、栽培農家の福本さん、ケーキ屋の橘さんたちの積極的な姿を描き、プロジェクトに対する思いが伝わる内容で、視聴者に感動を与えると共に、応援にもなる有意義な放送であった。
・取材対象者を絞り込んでいて、分かりやすかった。
・栗が落ちる瞬間の映像が見られて感動した。
・美しい映像、ナレーションが放送内容とマッチして聞き取りやすかった。
・今後も、取材を継続して、地域再生と活性化の進捗の様子を放送して欲しい。
・少子高齢化、農業離れによる過疎化について、数値で表して欲しかった。
・"完熟栗"と"石畳栗"、"内子町栗"の違いについて、定義が分かり難かった。
・特定の人物の思いが出過ぎて、多弁的になっていたようなところが気になった。言葉よりも、表情や映像の方が伝わることもあると思う。
・クラウドファンディングの様子と返礼について、もう少し詳しく知りたかった
・石畳地域が内子町のどの辺りなのか、もっと分かりやすい地図があれば良かった。
・固有名詞や地名など、分かり難い表記には「ふりがな」があると良いのではないか。
・最近の番組では、タイトルが番組の冒頭に出ないで、暫くしてから出ることが多い。最初にタイトルが出る方が分かりやすいのではないか。
   
                          という感想と意見がありました。

過去の番組審議委員会抄録はこちら