あいテレビのご案内ABOUT US

あいテレビについて

    

放送番組審議会

第276回あいテレビ放送番組審議会 議事録

開催日 2020年04月07日(火) 出席委員数 8名
委員長 三浦征紀
委員 森本 三義(副委員長) 二神 透 高桑 リエ 白石 久美
長谷川 容子 中島 珠実 山本 亜紀子
議事
3月21日(土)午後4時~4時54分 放送の
『 第16回三浦保環境賞 ~未来を拓く環境活動~  』について審議しました。


委員から
・「第16回三浦保環境賞」の特別番組で、内容としては長年にわたって環境活動に尽力した団体や個人を顕彰し表彰するとともに、視聴者への啓発を意識した良い放送であった。
・環境の保全活動に地道に取り組む様子や、地域の環境に対する活動の繋がりを育むため、教育現場に出向いて講演や指導を行う様子など、次世代を育て、啓発活動に励む状況などを丁寧にまとめており、有意義な放送であった。
・「三浦保環境賞」創設の目的なども丁寧に紹介しており、初めて視聴する者にとっても分かりやすかった。来年以降も毎回紹介して欲しい。
・愛媛県内で環境活動を行っている団体や個人をノミネートし、活動の現地取材、「Nスタえひめ」での放送、審査会による賞の決定、表彰式での審査内容の発表・顕彰と、一連の過程を丁寧に編集しており分かりやすい放送であった。
・受賞した各団体や個人の活動状況の紹介においては、活動が定着するまでの苦労なども取材して、臨場感あふれる映像で紹介しており素晴らしかった。
地道に続けてきた活動が認められたことは、活動している団体や個人は勿論のこと、地域にとっても喜びと励みになったのではないか。
・スタジオのアナウンサーの落ち着いた進行と、放送内容にマッチした雰囲気は自然体で非常に良かった。
・大賞を受賞した会長の嬉しさ溢れる笑顔と、活動当初から現在までの過程に加えて、今後の活動展開についての言葉に感動した。

という感想がありました。


また
・残念ながら受賞できなかった団体や個人についても、何らかの形で紹介する工夫が欲しかった。
・「準絶滅危惧種」に関する説明など、もう少し詳しく知りたいと思える部分もあった。

という意見がありました。

過去の番組審議委員会抄録はこちら