あいテレビのご案内ABOUT US

あいテレビについて

    

放送番組審議会

第303回あいテレビ放送番組審議会 議事録

開催日 2022年12月 6日(火) 出席委員数 8名
委員長 三浦 征紀
委員 森本 三義(副委員長) 二神 透 高桑 リエ 白石 久美
中島 珠実 山本 亜紀子 太田 裕之
議事

①10月29日(土)午後1時00分~2時00分放送の
 『愛といのちのスペシャル2022 ~それぞれの歩み~』について審議しました。


委員から
・番組冒頭で放送のラインナップが紹介されており、分かりやすく視聴できた。
・今回のテーマが「それぞれの歩み」ということで、4つの特集で構成されていた。
 それぞれに事情や想いがあって、様々な生き方をしている人を取り上げていたが、
 視点が異なる特集で、全体的にまとまりが良く、視聴しやすい番組であった。
・3つの特集については、家族への愛情の大切さや、人生に困っている人に対して役立ち
 寄り添おうとしている精神が共通していた。
 辛い経験をしたり厳しい境遇に置かれながらも、前向きに希望を抱いて進まれている
 姿には感動した。特に、谷村親子の心情を思うと身につまされる事もあるが、この番組を
 見た視聴者の中には、自己啓発に努める人もいるのではないかと思った。
・4つの歩み方を見て、自分自身の歩みを見つめなおすことが出来た。
・本人や家族でなければ解らない事情の中で、逞しく精一杯努力して生きようとする姿が
 伝わり見応えのある放送で感激した。
・乳腺外科医の尹さんは、学生時代に「あいテレビのお天気キャスター」をしていたので
 懐かしかった。
 仕事に向き合う姿勢に感銘して、これから更に頑張って欲しいと思った。
・「乳がん検診のススメ」による早期発見告知については、尹さんのテーマとマッチして
 おり自然で良かった。
・オープニングの楽曲が、内容と合っていて良かった。
・番組の進行については、山内、山田、河野アナウンサーの穏やかで爽やかな雰囲気が
 良かった。しかし、河原にいるのは不自然で、必要性を感じられなかった。
・これまで「愛といのちのスペシャル」を視聴していた人は予備知識があると思うが、
 初めて視聴する者にとっては「何を伝えようとしているのか」よく分からなかった。

 という感想と意見がありました。

②「日本民間放送連盟 放送基準」が一部改正されることに伴って、
 「あいテレビ 放送基準」の変更について諮問され、「妥当である」との答申が
 ありました。放送基準の変更は2023年4月1日に施行されます。

過去の番組審議委員会抄録はこちら