あいテレビについて

放送番組審議会

第259回あいテレビ放送番組審議会 議事録

開催日 2018年07月03日(火) 出席委員数 8名
委員長 三浦征紀
委員 土居貴美(副委員長) 森本三義(副委員長) 二神透 清家馨 高桑リエ 栗林創造   白石久美
議事
[議題]
(1)番組批評 
       『 よるマチ! 温故知新のぶらり旅! 伊予市をよりマチ!』
  6月 27日(水)      19時00分 ~ 19時54分                


[議事の概要]
(1)
委員から                                    
・今回はスタジオから始まって、伊予市の商店街を中心にレポートした内容を編集した放送だった。「温故知新のぶらり旅! 伊予市をよりマチ!」のタイトルに相応しく歴史のある街並みや店、新しいものを展開している店などを取材し、バランスの取れた構成で良かった。
・ゴールデンタイムの放送であるが、企画やテーマ設定が良く、豊富で幅広い内容を、編集や進行でまとめており、良い放送であった。紹介された地域にとっても活力になる放送であったのではないかと思う。
・情報の少ない視聴者にとっては、伊予市の情報を知り得たことは良かった。
今後もこのような企画で県内各地を紹介し、地域の情報発信を行って欲しい。
・オープニングからスタジオの雰囲気も明るく和やかで、視聴をしていて心地よい気持ちになった。
・紹介された店などの力強さや、取材中の子供との出会いなども紹介し、取材先の所在地も地図情報で示し、丁寧なつくりで良かった。
・コマーシャルか本放送なのか不明な場合があるが、「CM」表示は親切で良い。
・ローカル局の放送としては厳しいゴールデンタイムという時間帯に果敢に挑戦し、地域の魅力を発信しているのは素晴らしい事である。
・リポーターが体を張って取材するのは良い事であるが、必要以上にサービス発言していたり、表現が曖昧だったり、はしゃぎ過ぎではないかと思うところがあって 気になった。
・商品紹介の感想や製造方法の紹介については、視聴者が誤解しないように綿密な取材を行って、解り易く伝えるように心掛けて欲しい。
・字幕スーパーの表示は慎重にして欲しい。
過去の番組審議委員会抄録はこちら