あいテレビについて

放送番組審議会

第257回あいテレビ放送番組審議会 議事録

開催日 2018年05月08日(火) 出席委員数 8名
委員長 三浦征紀
委員 土居貴美(副委員長) 森本三義(副委員長) 二神透 清家馨 高桑リエ 栗林創造   白石久美
議事
[議題]
(1)番組批評
   『Nスタえひめ』

    4月 9日(月) 10日(火) 11日(水)  18時15分 ~ 19時54分

[議事の概要]
(1)
委員から

・スタジオセットがすっきりしている。女性アナウンサーをメインに構成しているが、服装やヘアスタイル、語り口もニュース番組に相応しく大変良い。また、メインの女性アナウンサーは全体をまとめる役割に安定感があり、ニュースの締めのコメントは実に適切で素晴らしい。
・番組の構成においては、取材内容もローカルニュースを中心に、視聴者が知りたいものを盛り込み、丁寧でバランスの取れた良い放送である。特に、小学校入学式のニュースでは、交通安全指導や指導員の紹介、事故の事象についてデータを図表で示して注意喚起したことは、新年度早々、タイムリーで良かった。
・4月9日特集の下灘駅の紹介は、駅に関わる人物、観光客、駅周辺の環境や状況なども丁寧に取材して放送したことは良かった。特に、魅力的な美しい映像は視聴者を引き込むものがあった。
・気象情報は、視聴者にとっては知りたいことの1つである。あいテレビでは、愛媛県の予報を東京のウェザーマップ・スタジオから伝えているが、以前に比べて語り口も自然体になり、スタジオとのやり取りや一口情報を交えるなど工夫がされており、親しみやすく良くなったと思う。
・4月9日から11日の放送では、松山刑務所 大井造船作業場からの受刑者の逃走、加計学園の総理との面談記録問題など、全国へ発信しなければならない内容が重なり、局としても慌ただしい取材だったと思うが、これらについても関連取材も行ってまとまりの良い放送になっていたように思う。
・今後も人材の適材適所への配置により、良い番組を作って放送して欲しい。
・番組の最後に「本日のニュースまとめ」が出るが、番組冒頭に「本日のニュース」を入れると良いのではないか。
過去の番組審議委員会抄録はこちら