あいテレビについて

放送番組審議会

第255回あいテレビ放送番組審議会 議事録

開催日 2018年03月06日(火) 出席委員数 7名
委員長 三浦征紀
委員 土居貴美(副委員長) 森本三義(副委員長) 二神透 清家馨 栗林創造 白石久美
議事
[議題]
(1)番組批評
   『よるマチ! 』

   2月21日(水)  19時00分 ~ 19時54分


[議事の概要]
(1)
委員から
・番組全体としてはまとまりが良くて、テロップや地図情報にも工夫をされており、分かりやすく丁寧な制作で良かった。
・今回のメインは、四国遍路・愛媛ルートの第4弾のリポートであった。りポーターの自然体で明るい人柄や、内子町小田地区と久万高原町の地域の風習、住民の人情と優しさが伝わり、視聴をしていて気持ちが良かった。
・今回のルートは近年にない降雪の中を行く旅であったが、りポーターの忍耐力と大変さに加え、カメラマンやスタッフの苦労を想像すると、「危険ではないか」と思うところもあったが、安全面への配慮もみられて良い放送であった。
・遍路の札所巡りの放送としては、お遍路さんの想いや、地域の人、寺院の対応や情景をもっと盛り込んで欲しかった。
・昔のお遍路さんは、雪の中でも巡礼をしていたようだが、今回は途中でロケを中止する場面があった。安全面を考えると、その決断は良かったが、服装や装備の面で準備不足ではないかと思うところもあり、さらに安全安心面には気をつけて欲しいと感じた。
・愛媛では滅多にない大雪だったので、取材した日を表示して欲しかった。
・リポーターの芸人さんの紹介が欲しかった。また、厳しい降雪の中を行ったリポーター自身の感想を聞きたかった。
・リポーターのコメントにスタジオの音声と被ったところがあり、気になった。
・ローカル局の情報番組の魅力は、地域情報の提供と発信であり、その点では評価できる番組制作であるが、常に視聴者が何を知りたいか、放送局として何をどのように知らせたいかと言うことを意識して欲しい。


過去の番組審議委員会抄録はこちら