山内可菜子のマイペースでいいかなっ??

2019年05月24日(金)

宇和島の最先端!?


きのうのNスタえひめで放送したアナサーチ!
今年度から始まった
アナウンサーが地域の魅力を再発見する新コーナーです。

IMG_773999.jpg

今回は私が、宇和島の先端!
三浦半島のそのまた先端にある蒋淵という地区を訪ねました♪

IMG_7691.jpg

今旬を迎えている、ぷるんっぷるんっの巨大イワガキを頂いたり・・・
地元の人たちが運営する素敵な交流拠点「こもてらす」で
絶品カキフライを頂いたり・・・(食べてばっかりですね)
ヒオウギ貝のアートを楽しんだり(*^_^*)
IMG_7692.jpg

取材という事を忘れて、全力で楽しい1日を過ごしました^^

ちなみに、これ↑ あいテレビのキャラクター、ろっくんです。

かなりの自信作だったんですが・・・
山田アナには「ボールから出てくるモンスターですか?」と
言われてしまいました。。。

たしかに、言われてみれば ピ〇チュウ に見えなくもない・・・。



今後もアナサーチ!のコーナーでは
県内各地の旬の味覚や、話題のスポットを
それぞれのアナンサー独自の目線でリポートしていきます♪
来週は、横山アナの担当です!お楽しみに~~(^_^)/

2019年05月02日(木)

8080・・・?

はじまりました、令和。

"さようなら、平成。ありがとう、平成。"
という気持ちで5月1日の0時を迎えました。

平成最後の日に出かけた街頭インタビューでは
みなさんしみじみと平成の思い出を振り返ってくださいました。

そして令和最初の日、
松山市役所に開設された婚姻届の特設窓口には
幸せいっぱいのカップルが続々・・・♪

平成~令和にかけての2日間は
街全体、日本全体が祝賀ムードに包まれていましたね^^


ということで、令和最初のNスタえひめ終了後・・・
IMG_7596.jpg

「0808(れいわ・れいわ)」を表現したつもりが・・・
「8080」になってしまうという、痛恨のミス!!!

こんな感じで・・・令和時代も楽しく和やかに
そして真摯に誠実に、ニュースをお伝えします^^





2019年04月22日(月)

平成最後の桜

今月、Nスタえひめでお伝えした
「シリーズ 平成最後のサクラ」


まずは、大洲城。

IMG_7306.jpg

穏やかに流れる肱川と、満開の桜。

「去年と同じように咲いてくれたから、がんばろう」

被災地に咲く桜は、たくさんの人に元気を与えていました。


IMG_7307.jpg


このほかにも・・・
内子町の四季の詩公園では菜の花との競演。
IMG_7405.jpg

20190422.jpg

西予市の野福峠では、宇和海とのコラボレーション!
IMG_7357.jpg


上島町・岩城島の積善山では、"天女の羽衣"とも呼ばれている
桜の道と多島美を堪能しました♪
IMG_7411.jpg


今年はプライベートでお花見には出かけられませんでしたが・・・
取材を通じて、"平成最後の桜"をたっぷり楽しむ事が出来ました^^


2019年04月05日(金)

あす午後3時は...


今月1日、新しい元号が発表されましたね。



平成元年生まれの私にとって
"平成"は、これまで歩んできた約30年が全て詰まった
大切な、大切な、思い出のアルバムのようなもの。

特別な意味を持つ、2文字です。




そんな平成も、残すところ3週間余り。

あいテレビでは、あす午後3時~
2時間にわたる特別番組
「Nスタえひめスペシャル 平成の記憶」を放送します。


20190405.jpg


事件や事故、行政、災害、スポーツ、街の変遷など
この30年、愛媛で起きた印象的な出来事を10のテーマで振り返ります。

是非、ご覧ください。


2019年03月31日(日)

まもなく見頃♪


おととい、桜の取材で道後公園へ。

IMG_7256.jpg

この日は、開花発表から1週間のタイミングで、3~4分咲き。
(ちなみにきょう現在、6~7分咲きだそうです)

IMG_7249.jpg


薄いピンクの花びらが青空に映えて、まさに春爛漫♪

IMG_7270.jpg
桜を眺めていると、幸せな気持ちになりますよね~
松山の桜は、4日頃に満開を迎える予想です♪


さて、あすから新年度が始まります^^
引き続き、Nスタえひめをよろしくお願いします!

各地のサクラ情報も、随時お伝えしていきます(*^。^*)


2019年03月31日(日)

まもなく見頃♪


おととい、桜の取材で道後公園へ。

IMG_7256.jpg

この日は、開花発表から1週間のタイミングで、3~4分咲き。
(ちなみにきょう現在、6~7分咲きだそうです)

IMG_7249.jpg


薄いピンクの花びらが青空に映えて、まさに春爛漫♪

IMG_7270.jpg
桜を眺めていると、幸せな気持ちになりますよね~
松山の桜は、4日頃に満開を迎える予想です♪


さて、あすから新年度が始まります^^
引き続き、Nスタえひめをよろしくお願いします!

各地のサクラ情報も、随時お伝えしていきます(*^。^*)


2019年03月28日(木)

趣味の、春

1年で一番好きな季節、春!本番!

何かを始めたくなって、最近バレエを再開しました♪

4歳から15年ほど続けていたバレエ。
長いブランクで体は固く、重~くなっていますが
感覚だけは・・・徐々に取り戻しつつあります。


みっちり1時間半、普段は使わない筋肉を沢山使うので
かなりの重労働ですが(笑)心はかなりリフレッシュされて、
最近は、メリハリのある生活を送れている気がします(*^_^*)

大人になってから通う習い事、本当におすすめです。


ちなみに数か月前に再開したゴルフも、(順調に?)続いています。

031803.png

先月末には、人生初のパー♪

不思議なくらい上達しませんが・・・
ゴルフに関しては楽しみながら続けられたらと思っています^^

031804.jpg


みなさんも、この春
なにかを始めてみてはいかがでしょうか?(*^。^*)


IMG_7244.jpg

↑山田アナと、春のセンバツ取材から戻ってきた横山アナ。
新年度に向けて、可愛い後輩たちとお仕事も頑張ります~^^






2019年03月20日(水)

春を探しに・・・

と思ったら、庭で見つけました。春(*^_^*)

031802.jpg

私が小学生の頃に植えた桜。
毎年この時期に薄いピンクの花を咲かせます。

桜の木の隣には、レモンも^^
031801.jpg

心もぽかぽか(*^。^*)和んだ休日でした。

もうしばらく、リビングからのお花見を楽しめそうです~
2019年01月28日(月)

祝!初優勝!!!

久しぶりのお相撲ブログです。

きょうのNスタえひめでも
たっぷりお伝えしましたが・・・

西予市野村町出身・片男波親方の愛弟子、
玉鷲関が初優勝を果たしました!

私が初めて玉鷲関とお会いしたのは2016年6月。
名古屋場所前の拠点である愛知県知多市で、
片男波部屋の1日に密着取材させて頂きました。
玉鷲1.jpg


当時、第1子が生まれて間もない頃だったそうで
嬉しそうに、お子さんの話をしてくださった玉鷲関。

本当に優しく、ファン思いの温かい方で
私もすっかりファンになりました(*^_^*)

玉鷲4.jpg
(2016年秋の松山巡業)


同じ年の乙亥大相撲の際には
関脇昇進の喜びを語ってくださいました。
玉鷲2.jpg


そしてけさ、優勝から一夜明けた電話インタビューで
「半信半疑・・・」と語るほど
愛弟子の快挙に驚いていた片男波親方。

"部屋の力士達の活躍が、野村町の復興の力になる"

その思いは、野村町のみなさんに、確実に届いていました。

玉鷲003.jpg


親方が特別な思いを寄せる「乙亥大相撲」。
今年はぜひ!玉鷲関とともに野村町に帰ってきてくれることを
心から願っています。


2019年01月08日(火)

吉田町の今


西日本豪雨による災害の発生から、きのうで半年。

Nスタえひめでは、宇和島市吉田町から
"かんきつ農家の今"を中継でお伝えしました。


町内のみかん山は、
至る所で土砂崩れの爪痕が残ったままで、
急斜面での柑橘の運搬に欠かせないモノレールの復旧も
まだまだ、進んでいません。


こうした中、玉津地区では
園地復旧に向けたクラウドファンディングを行ってきた若手農家が
その返礼品の発送などを担う新たな会社「玉津柑橘倶楽部」を
先月、設立しました。


若い力で地元の産業を支えようと意気込むみなさんと。
0108②.jpg

「玉津柑橘倶楽部」では今後、
地域の園地復旧や、高齢農家の作業などを請け負い
10年先、20年先を見据えた活動を続けていくそうです。

みかんの木が流れてしまった園地を整備し
もう一度収穫が行えるまでには10年近くかかるといいます。

災害を機に、みかんづくりを諦めてしまう人が増えないよう・・・
「愛媛みかん発祥の地」を支えていってほしいと思います。


************************************************************
さて、災害発生から1か月、3か月、半年・・・と
取材を続ける中でいつも感じるのは
「被災者のみなさんにとって
 節目は、通過点でしかない」ということです。


被災地では絶えず日常を取り戻すための生活が続いていること、
先を見通せない中で苦しんでいる人たちがいるということ、
それぞれの場所で復興の進み具合には差があるということを
"節目"関係なく、伝え続けなければいけないと痛感しています。