毎週月曜よる7時~「よるマチ!」

特集

放送日:2016年01月13日 「みかん」と行く 愛媛の "旬"めぐり!

「みかん」と行く 愛媛の 

ゲストに、今治出身のタレント・みかんを迎え、感動!新鮮!愛媛県内のおいしい冬の食材を特集!


松山市内のユニークな居酒屋では、愛南町で水揚げされたカキやサバ、アコヤ貝を堪能。

松山市郊外では、今が旬のイチゴを味わい得意のものまねを連発!

さらに伊方町の三崎高校も訪問。柑橘スイーツの開発秘話などを通して生徒と交流も!

内容

◯水産会社直営だからこその新鮮魚介類が自慢
居魚屋 網元 本店
松山市北藤原町2-1
17:00から24:00 TEL:089-933-8308
愛南町から直営 旬のおすすめ
サバ刺身 姿造り2,900円(税別) 1人前750円(税別)
焼き牡蠣 1人前750円(税別)
真珠貝の貝柱 1人前980円(税別)
2016-01-13yoru-toku4.jpg

2016-01-13yoru-toku3.jpg

2016-01-13yoru-toku5.jpg

居魚屋 網元 エミフルMASAKI店
松前町筒井
ランチ11:00から14:00 17:00から24:00 TEL:089-985-5818 
ランチタイムおすすめ新鮮海の幸
網元御膳 1,600円(税別) 刺身盛り、天ぷら、焼魚ほか
牡蠣づくし定食 1,450円(税別) 生牡蠣、焼き牡蠣、カキフライほか
2016-01-13yoru-toku7.jpg
2016-01-13yoru-toku8.jpg

海鮮網焼 網家
TEL:089-961-8738
平日 11:00から14:00 17:00から22:00
土・日・祝 11:00から22:00
牡蠣食べ放題(かきめし・かき汁付)
90分 3600円 60分 2800円 +炭代300円

「海鮮鉄板 海蛍」でも牡蠣や海の幸が楽しめます
※要予約 TEL:0895-74-0078
南宇和郡愛南町御荘菊川2365
2016-01-13yoru-toku9.jpg



◯三崎高校の生徒が町おこしのために開発したスイーツ
地元のかんきつを使い、地元の老舗菓子店が協力
みっちゃん大福 250円から500円(1個)税込
※品種により価格が変わります。

田村菓子舗ホームぺージで通信販売
「伊方町観光交流拠点施設 佐田岬はなはな」で販売

2016-01-13yoru-toku15.jpg

◯いちごファーム北条
TEL:089-994-3915(予約がオススメです) 9:00から17:00 無休
<入園料(1時間食べ放題)> 
中学生から大人 平日1,200円/3歳から小学生 600円/75歳以上 600円 
土日祝200円UP・団体割引あり
イチゴのスイーツは要予約
まるごといちごソフト 小250円 中350円 から 大500円・まるごと生いちご大福 250円

2016-01-13yoru-toku12.jpg


<番組でご紹介したレシピ>

ブリを使った美味しいレシピ

レシピ作成 料理研究家・中村和憲さん

「ぶり串カツ」

(材料)(4人分)

ブリの切り身・70g×4きれ

      (皮をとり、切り身をそれぞれ3等分)

塩糀・・・・・・・大さじ3*塩こしょうでもよい

パン粉・・・・・・・・・・・・適宜

薄力粉・・・・・・・・・・・・大さじ1~2

卵・・・・・・・・・・・・・・1個

サラダ油・・・・・・・・・・・適宜



★中村さんコメント

余談ですが、1年半前にエミフルで「お魚に合う味 総選挙」というイベントを開催しました。

この「ブリの串カツ」1000本用意して、10種類のたれ、ソースを子どもたちに選んでもらい、その結果を投票してもらったら、なんと1位は「チョコレート」(実際本当においしいです。)

2位はマヨネーズ系でした。おいしいものは許容範囲が広いですね。

 

「ブリカツ」人気のソース4

「オーロラソース」

(材料)

マヨネーズ・・・・・・・・・・・・50g

トマトケチャップ・・・・・・・・・10g

ウスターソース・・・・・・・・・・少々

(作り方)RecipeKazunori Nakamura

①容器にすべての材料を入れて混ぜ合わせる。

「みそねーず」

(材料)

みそ・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

熱湯・・・・・・・・・・・・・・・小さじ4

マヨネーズ・・・・・・・・・・・・大さじ2

(作り方)RecipeKazunori Nakamura

①容器にすべての材料を入れて混ぜ合わせる。

「チョコレートソース」

(材料)

純ココア・・・・・・・・・・・10g

卵白・・・・・・・・・・・・・1個分

グラニュー糖・・・・・・・・・40g

サラダ油・・・・・・・・・・・40g

(作り方)RecipeKazunori Nakamura

①容器にすべての材料を入れて泡だて器で混ぜ合わせる。

「しょうゆベースの香味だれ」

(材料)

しょうゆ・・・・・・・・・・・大さじ4

砂糖・・・・・・・・・・・・・大さじ1

ラー油・・・・・・・・・・・・小さじ1

ごま油・・・・・・・・・・・・小さじ1

長ねぎのみじん切り・・・・・・小さじ2

しょうがのみじん切り・・・・・小さじ2

(作り方)RecipeKazunori Nakamura

①容器にすべての材料を入れて混ぜ合わせる。

 

 

「ぶりしゃぶ」

*おいしくするポイントは細切り野菜と一緒に食べること。

野菜が同時にとれバランスも食感も良くなる上、

ブリの脂が絡んでお互いに引き立てあいます。

(材料)(4人分)

ブリのさく(刺身用)・・・・・・200g

(しゃぶしゃぶ用に薄切りにする)

三つ葉・・・・・・・・・・・・・適量

(10㎝長さに切る)

えのきだけ・・・・・・・・・・・適量

(石づきを除いてさいておく)

大根・・・・・・・・・・・・・・適量

(10㎝長さの極細切り)

白ネギ・・・・・・・・・・・・・適宜

(10㎝長さの極細切り)

だし昆布・・・・・・・・・・・・10㎝角2枚

水・・・・・・・・・・・・・・・1500㏄

日本酒・・・・・・・・・・・・・100㏄

みりん・・・・・・・・・・・・・大さじ1

塩・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1

(作り方)Recipe  Kazunori Nakamura

①鍋に水と昆布を入れ、沸騰直前に昆布を取り出して、日本酒、みりん、塩を入れます。

②野菜ときのこを入れて沸騰させます。

③薄切りにしたぶりを(火を通しすぎないように)くぐらせて、野菜と一緒にからめて好みのポン酢やごまだれで。←日本食研のたれでもOK