愛媛のニュースNEWS

愛媛の最新ニュースは「Nスタえひめ」

Nスタ えひめ 午後3時50分スタート!

itv News

09月14日

自民党総裁選 愛媛県選出の議員は…

事実上、次の総理大臣を決める自民党総裁選挙は投開票の結果、
菅官房長官が新総裁に選ばれました。
愛媛県選出の国会議員はどんな思いを込め、誰に投票したのか、
14日午後2時から投票が始まった自民党総裁選。
結果は菅義偉官房長官377票
岸田文雄政調会長89票、
石破茂・元幹事長68票と
他の2人の候補に圧倒的な大差をつけました。
”ポスト安倍”を決める総裁選。
投票に参加した県選出の国会議員3人のうち、
塩崎恭久衆議院議員と
山本順三参議院議員の2人が菅氏に一票を投じました。
一方、石破氏の推薦人になっている
村上誠一郎衆議院議員は投票先を明らかにしませんでした。
また、愛媛4区選出の山本公一衆議院議員は、
「不在者投票を模索したが、病気療養中であることから
コロナ感染予防を考慮し、残念だが棄権した
谷垣グループから応援依頼もあったので、
岸田さんに投票するつもりだった」とコメントしています。
一方、自民党県連は独自に実施した予備選挙の結果を受け、
持ち票3票のうち菅氏に2票、
石破氏に1票を投票したことを公表しました。
予備選挙は愛媛県内の党員ら、およそ2万人を対象に実施され、
13日開票した結果、菅氏が6522票、
石破氏が4883票、また岸田氏は870票をそれぞれ獲得し、
ドント方式で割り振ったいうことです。
投票率は61.89パーセントでした。