高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2012年07月12日(木)

「エース」とはなにか

 

「エース」は1人。

 

その重みを

今、「エース」と呼ばれる投手たちは

どう感じているのだろうか。

 

かつてエースといえば「先発完投型」が鉄則。

今や、「先発」、「中継ぎ」、「抑え」の継投が常識。

役割をきっちりこなすことが重要視される。

 

今や分析技術は業界を超えて進化し、

投手はあっという間に丸裸。

そんなご時勢に9回を投げきるのは至難の業だ。

 

ただ、チームが負けても防御率がいい投手。

防御率が悪くても勝ちきる投手。

どちらが魅力的だろう。

 

マウンドにあがる以上「勝利」に飢えていてほしい。

こだわるべきは「防御率」ではなく「勝ち星」であってほしい。

何点とられてもあきらめず、背中で野手を奮い立たせ、

終わってみれば、相手よりも1点だけ多い。

 

そんな「エースのいる野球」には「人となり」がにじみ出てくる。

ファンはそんな「人間臭い」野球を懐かしんでいる。

 

 

夏を前に1本の映画を東京・有楽町で見た。

 

「ライバル伝説 光と影」

  禁断の巨人エース争い 江川卓×西本聖

   「いつも、お前が憎かった」

 

s-ライバル伝説.jpg

 

TBSが番組を再編集し未公開シーンをふんだんに織り交ぜ劇場公開。

怪物江川が作新学院から「空白の1日」を経て巨人に入団。

その時、松山商業からドラフト外で巨人入りした西本は5年目。

ようやくローテーション入りにこぎつけた時期だけに

江川はその地位を脅かす存在になった。

 

互いが投げる試合を見ながら

「打たれろ!負けろ!」と

心の中で叫び続けていたという2人。

 

今まで一度も腹を割って話したことのない

「人生最大のライバル」の2人が

再会を果たす。

そこで2人は互いに何を語るのか。

 

(映画紹介文を参考)

 

野球が本当に輝いていたあの日を思い、

野球を再び輝かせたいと思う皆様に

おすすめします!

 

 

 

 

2012年06月20日(水)

最後に笑うために・・・

 

先週末、四国高校ラグビー選手権大会が

久万高原ラグビー場で開かれた。

 

愛媛からは県大会優勝の北条がAブロックに出場。

決勝で、徳島王者の貞光工業と対戦した。

 

でかい。

貞光の第一印象だ。

データを見る。

北条、76.4キロ

貞光、87.6キロ、その差11.2キロ!

大きな相手に、どう戦うか。

まさに花園1回戦のシミュレーションだ。

s-北条4.jpg

前半 3分、貞光がFW力で先制トライ。ゴール成功   北条 0-7貞光工

前半 5分、北条がBK展開でトライ。           北条 5-7貞光工

前半10分、貞光がスクラムから№8が飛び出しトライ  北条 5-12貞光工

前半14分、北条がキックパスでウイングを走らせトライ 北条10-12貞光工

前半31分 北条がゴール前ラックから右に繋いでトライ 北条17-12貞光工

 

まさにノーガードの打ち合い―

s-北条3.jpg

 

北条は前半終了間際に逆転トライ。

5点をリードして折り返せば、

後半8分にも、BK展開からトライ。北条22-12貞光工

試合は決まったかに見えた。

 

s-北条2.jpg

 

しかし―

貞光工は「柔軟な固まり」になって

ゆっくりと北条陣内をゴールへの最短距離で歩み始めると

後半18分、ゴール前のラックからサイドアタックで中央トライ。ゴール成功

北条22-19貞光工 3点差。

 

さらに終了目前、貞光工は

再び敵陣深く歩みを進めると、最後はサイドを突いて逆転のトライ。ゴール成功。

そしてノーサイド。

 

北条22-26貞光工

 

s-北条1.jpg

 

こんな試合を毎年12月27日に見てきたような気がする。

ただ、6月にこれを経験できた北条。

 

ラスト10分で2トライ2ゴールを決めた貞光工。

派手さとも、格好よさとも無縁のアプローチ。

もしかすると本人たちも好きな攻撃スタイルではないかもしれない。

もっとBK展開で走り勝ってみたいのかもしれない。

 

ただ、少なくともこの日の貞光工の選手に「迷い」は微塵も感じられず、

「優勝する」というミッションを確実に遂行した。

チーム全員の思いの「最大公約数」でもある「勝利」を掴んだ。

 

「チーム作り」には段階がある。

理想のスタイルがあっても、そこに至るのに

中間を省略するわけにはいかない。

その試合の「テーマ」。

時には結果を捨てても、貫徹する必要がある。

 

そしてその「覚悟」は、

花園予選決勝の後半20分過ぎ、

きっとチームの「勇気」となって帰ってくるのではないだろうか。

 

 

2012年06月18日(月)

キャプテン村上

ロンドンオリンピック日本選手団の「キャプテン」に

男子やり投げの村上幸史選手が選ばれた。

 

日本がオリンピックに参加して丁度100年。

その節目のロンドン大会で村上は大役を任される。

 

村上選手は過去、2010年広州アジア大会で

日本選手団のキャプテンを務めていて、

その時、83m15の当時の自己ベストを更新して金メダルに輝くなど

「キャプテン」との相性は上々。

 

日本選手団の結団式、そしてロンドン五輪の開会式には

マストで参加しなければならないため、

JOCも選手選考に苦慮したようだ。

 

しかしここは大役を、メンタル的にプラスに捉え、

村上選手には、一気に「ロンドン五輪」の主役になってほしいと思う。

 

もちろんディーン元気選手に傾いた流れを

変えるきっかけになるのは間違いない。

 

全ては、「その一投」のために!

 

 

2012年05月11日(金)

しまなみ海道 東海岸周り

緑色濃い季節となりました。

先日、GWを利用して・・・というより

ポッと思いついて、しまなみ海道を流してきました。

もちろんチャリです。

 

5月5日こどもの日。

起床は7時。すでに寝坊・・・

 

予定では3時に起きて、4時には自宅を出て、

6時にはしまなみ海道の起点、サンライズ糸山を出発のはずでした。

 

それでも10分で準備して出発。

サンライズ糸山に8時半に着きました。

すると・・・

 

s-糸山混雑ぶり.jpg

 

ご覧の通り、レンタル自転車のカウンターは大行列。

さすがはサイクリストの聖地です。

 

そんな様子を横目にペダルに圧を加えれば、

来島海峡はきょうも絶景~。

深呼吸もいつも以上に深くなり、

たるんだ腹も、緩んだふくらはぎも

ビシッと引き締まる予感もしてくるってもんです。

 

s-来島大橋 スタート前.jpg

 

そして来島海峡大橋を渡りきり・・・

伯方島から大三島へ渡り・・・

 

 

s-大三島橋 GW.jpg

 

 

さらに多々羅大橋を渡って生口島へ。

振り返れば橋の向こうが多々羅公園、

手前の茂みはミカンの木です。

広島産になるわけですが。

 

 

s-多々良大橋GW.jpg 

 

そして生口島の西海岸を走っていると・・・

 

おじさんが「採れたてレモン」を売ってました。

 

 

s-採れたてレモン.jpg

 

皮ごと食べられました。

 

 

こんな感じでトロトロ走ってると

 

あっという間に因島の土生港に到着。

 

s-土生港 GW1.jpg

 

そして水路のような海をはさんで

向こう岸は生名島。

 

s-生名島 GW.jpg

 

ご存知、やり投げ村上幸史選手の故郷。

翌日のゴールデングランプリ川崎では

残念ながら2位でした・・・

 

 

小さな港ではありますが、

やはりここにも出会いと別れ・・・

 

 

s-石碑 GW.jpg

 

 

 

 

そして因島の土生港から乗船。

船はわりと便数もあって便利です。

 

s-フェリー GW.jpg

 

 

 

そしてこちらは

生名島と弓削島を結ぶ新しい橋。

s-生名橋 GW.jpg

 

生名と弓削が陸続きです。

そして船はしまなみ海道を右手に、

時々寄航しながら今治へ・・・

 

 

今治を発着点に出来るので

 

車で自転車運んでいる人も、

 輪行が大好きなあなたも

  船旅が好きな君も

 

とっても楽しめるルートですよ~

 

では・・・

2012年05月02日(水)

武田大作選手 3つの山を乗り越えて・・・

『もう漕がない』と浦は言いました。

  『武田さんはオリンピック行ってください。

    僕はもういいですから』って。

 

目の前に「3つ目」の壁が現れた瞬間だった。

 

ボートの第一人者、愛媛のダイキ所属の「武田大作」38歳。

去年11月のアジア予選国内代表選考会では

日本協会の不可解な選考で「補欠」に回された武田。

 

「一番苦しかったのは年末頃でしたね」

絶対におかしいと思いつつも、レースは終わっている。

結果も出ている。

そして何よりも、内定をもらった別の2選手はさらに練習を積み、

相棒となるであろう「浦選手」の気持ちは完全に切れかかっている。

自分も練習は続けていても気持ちはもうギリギリの状態だった。

 

それでも武田は、家族や会社関係者をはじめ、知人友人、さらには

長年練習してきた梅津寺海岸での馴染みのおじいちゃん、おばあちゃんまでもが

「支えてくれた」ことで、スポーツ仲裁機構に申し立てを決行する。

 

「強い者がオリンピックに行くべきだ」

 

その強い信念は実を結び、

その後別の2選手の「内定」は撤回された。

 

そして迎えた4月6日。

埼玉県戸田市の漕艇場で行われた

アジア予選日本代表選考会の「再レース」。

 

s-戸田漕艇場.jpg 

 

 

コースはいつもと同じ、2000メートル。

しかし、競い合っているのは2艇の4人だけ。

大会の時のような横断幕や旗もなければ派手な装飾もない。

 

ところが、コース両岸からは

悲鳴のような声援が4人に注がれていた―

 

「行け~ タケダせんぱ~い」

「ガンバレ浦さ~ん」

 

その声は2000メートルに渡って途切れない。

先輩も後輩もいただろう。

ボート関係者のOBもいたのかもしれない。

目の前を通過する2艇のクルーに思いの丈をぶつけ続ける。

 

それは、「スポーツの健全性」を守るために立ち上がった

一人の男に対する称賛の念と、

その思いに異議を唱えることも無く「再レース」を飲んだ

「内定を取り消された」2人の清々しさに救われた

感謝の念だったかもしれない。

 

再レースは終わり、武田・浦ペアは勝った。

 

1レース目 武田・浦組  6分38秒04

      須田・西村組 6分38秒53

 

2レース目 武田・浦組  6分29秒29

      須田・西村組 6分30秒19

 

いずれもタイム差は1秒以下。

接戦だった。

これが武田にとって「2つ目」の山・・・

 

 

そして「3つ目」の山。

それは、キレかけている「浦選手」の

「オリンピックへの情熱」を思い出させることだった。

 

「4月6日のレースはやりますが、それ以降はいいです。

 武田さんはオリンピックに行ってください」

 

 

しかし武田は「4年前」の記憶を1つづつ手繰り寄せ、

「あの日の北京」の悔しさを、浦の心にもう一度思い出させていった。

 

「北京の惨敗をお前は納得しているのか」

 

あの日、浦は原因不明の喘息に見舞われ、

コンディション作りに失敗していた。

 

「お前しかいないんだ。まだレースがあるぞ。

  我々が速かったということを証明しよう。

   競技選手としてもう一度、勝負をしようじゃないか」

 

そして武田は言った。

「俺はお前を信頼している」

 

 

s-戸田漕艇場2.jpg

 

4月26日、韓国で開幕した

ロンドンオリンピックアジア予選。

 

武田・浦組は

1回戦、準決勝をトップタイムで通過すると、

29日の決勝戦では2位艇に6秒差をつけての圧勝。

見事、ロンドンオリンピックの日本代表の座を掴み取った。

 

帰国後、松山空港での会見で

武田はこう締めくくった。

 

「2度とこういうことが日本のスポーツ界でおきて欲しくない。

  なぜなら、スポーツは素晴らしいものですから」

2012年04月17日(火)

「打たれ強い」仕事 

日差しは春本番だった。

 

午後3時半をまわっても気温は高く

じっとしていても汗ばむような陽気。

もちろん練習している選手達は

心地よい汗を流している。

 

試合開始2時間半前。

 

坊っちゃんスタジアムのグラウンドは

ヤクルトスワローズの練習時間から

広島カープの練習時間に移り変わろうとしていた。

 

内外野に散っていたヤクルトの選手達が

徐々にダッグアウト方向に歩を進める。

 

時折り、対戦相手の広島の選手とすれ違いざまに談笑。

そんな姿を目にするのは、

開場前のスタジアムの醍醐味だ。

 

そんなリラックスムード漂うスタジアムの中、

ファウルグラウンドで、ゆったりとキャッチボールを繰り返す

1人のサウスポーに目が留まる。

 

s-●豊田⑤.jpg

広島カープのユニフォーム。

しかし、背番号は3桁の「102」

 

その人の名前を私は知っていた。

 

「豊田 光」さん。30歳。

 

 

愛媛マンダリンパイレーツの元投手。

しかも1期生だ。

 

和歌山県出身で、日高高校から竜谷大学、

そして和歌山箕島球友会。

 

そして、コントロールのいいピッチャーとして入団したが、

ほとんど登板は無かった。

 

故障と戦っていた。

 

1年後、パイレーツを退団。

 

豊田さんはここで現役を引退した。

 

しかし当時、パイレーツの初代監督は

広島カープ出身の西田真二さん。

 

豊田の就職先として、

カープの打撃投手が用意されていた。

 

s-●豊田①.jpg

 

あれから7年。

豊田さんは、また坊っちゃんスタジアムに立っていた。

 

午後3時45分、入念なキャッチボールが続く。

 

そして、落ちているボールをグラブいっぱいに拾いながら

豊田さんは所定の位置に付いた。

 

今夜の試合、ヤクルトは左の村中。

豊田さんの投げるボールの意味が一段と重みを増していく。

 

s-●豊田②.jpg

 

広めのスタンスでセットポジションに入り、

上げた右足の膝をくの字に曲げ、

しなやかなフォームでボールを投げる。

 

かごから次ぎのボールを拾い、また投げる。

同じリズムでまた投げる。

 

打たれるために投げる。

気持ちよく打ってもらうために投げる。

誰よりも打たれることが、自らの存在意義。

それこそが仕事であり、そここそが職場である。

 

乾いた快音が糸を引く。

 

変化球も投げる。

「村中」にはなれないが、ボールの回転が

少しでも「村中」に似ていることを祈りながら。

 

午後4時。開場。

内野、外野のスタンドに、ファンがどっと飛び出してきた。

にわかにスタジアムの体温が上昇する。

 

s-●豊田④.jpg

そして、ファンの熱い視線を浴びるバッターを

少しでも引き立てようと、投げる。

自分が視線を浴びることはない。

 

ただ確かに、豊田さんは、

ファンに夢を与える仕事を支えていた。

 

s-●豊田③.jpg

 

 

「ありがとう」

 

バッチィングケージから出る選手から一言受けると、

豊田さんは帽子のツバをつまみ、

軽く笑みを浮かべながら、

腕で額の汗をぬぐい、

静かにダイヤモンドを後にした。

 

 

試合開始1時間前、

 

豊田さんの「仕事」が終わった。

 

 

 

 

2012年04月04日(水)

春の夢と夢舞台

 

 

いや~あぶない、あぶない。

寝過ごすところだった~

 

 

気がついたらもう、春でした!

 

 

 

 

s-桜.jpg

(松山市内の桜も見頃)

 

新年度もスタートし、スポーツ界では

「愛媛FC」はもちろん、「愛媛MP」も開幕戦で白星発進すれば、

「NPB」も「メジャー」も開幕し、「センバツ」は早くも決勝戦。

愛媛でも宇和島東と松山商が大熱戦を展開しました。

 

そして―

 

「マスターズ」。

 

アメリカ南部ジョージア州オーガスタ。

選ばれし者たちの卓越したプレーに

パトロンたちの熱狂的な歓声が

今年もジョージア杉の間にこだまする―

(マスターズトーナメント ウイリアムチェアマン)

 

もちろん注目は「20歳の対決」。

「石川遼」に対するは、

最強アマチュア「松山英樹」。

 

被災地日本から来た一人のアマチュア選手が

ローアマで世界を驚かせてから早1年、

真価が問われる2度目のマスターズで

松山の成長ぶりに世界が注目しています。

 

 

そこで、あすの「キャッチあい」では

 

2度目のマスターズに挑む松山選手の思いを

特集で放送します。

オーストラリア合宿秘蔵映像も初公開!

 

 

 そして大会の模様は、TBS独占放送。

4月6日(金)午前4時~

 

 

2012年02月14日(火)

球春近し ~MP今治キャンプ~

8年目を迎える愛媛マンダリンパイレーツが

今治でキャンプ中です。

 

春まだ遠いグラウンドで新旧の選手が夢に向かって

白球を追いかける姿は

何年たっても希望に満ちていていいものですね。

 

s-選手たち1.jpg 

(愛媛MP今治キャンプ)

 

 

NPBを知る者と知らない者が

今、同じグラウンドで合いまみえ、

同じ夢をどこまで共有できるか―。

 

シーズンは、長いようであっという間。

その試行錯誤の経験が、できるならばどの選手にも

「次ぎのステージ」を支える力になればと祈ります。

 

s-今治球場1.jpg

 

(雲間から差し込む希望の光...)

 

 

シーズン開幕が待ち遠しいですね。

 

いいピッチャー!いいバッター!

いましたよ~

 

 

2012年02月07日(火)

今年は三島が先手!

高校ラグビー新人大会決勝戦 北条 対 三島

 

今月5日、観戦しました。

 

 

  ◎決勝.JPG 

      

この所、2強対決が続いていますが

それはもちろん「地域力」あってこそ。

 

特に三島は花園予選、もう7年連続決勝進出ですから

地元の一貫指導体制・・・平たく言えば

「ラグビーおじさん」たちの頑張りは特筆ものです。

 

もちろん北条も「ラグビーの町」です。

トップリーグの選手から、タグラグビーの子供たちまで

楕円のボールの楽しみ方をたくさん知ってらっしゃいます。

しかも北条高校は2年連続で花園出場とチーム力は代々右肩上がり。

公式戦ではおととし以降、ライバル三島に5連勝中と勢いありますね。

 

そんな「地域対抗戦」ですから、

この日の「球技場」、そう県総合運動公園球技場のスタンドは

とても賑やかで、楽しそうで、厳しいのです。

 

***********

お父さんも

「なにしよんぞ~」

 

お母さんも

「なにしよ~ん」

※(Repeat

************

 

向こうサイドのタッチライン際の密集でのボール争奪戦でも

山下レフリーの笛より早く、

「とた!」

(「っ」など入らないほど反応が早いのです)

 

s-試合前の三島.jpg

(試合前...これはなんだろう?)

 

そんな鋭い視線の中で選手たちは熱戦を展開。

前半13分、三島のキックの名手、キャプテンスタンドオフ渡邊純也が

PGを決めて刻んでくれば、

 

2分後には北条が、スクラムからのサインプレー一発で

フルバック渡部が逆転のトライ。

ゴールも決めて7対3と主導権を握ります。

 

しかし前半21分、

ゴール前でペナルティをもらうやいなや

3番プロップ西岡が再逆転のトライ。

渡邊がゴールもきっちり決めて10対7とします。

 

s-試合前の三島2.jpg 

(答えは、ジャージとゼリーとバナナ...

  マネージャーさんも一緒に戦ってます)

 

 

後半は攻める北条、守る三島の構図で

あっという間の25分。

 

スタンドも・・・

※を参照

 

 

結局、三島が守り勝って

この大会、3年ぶり3度目の優勝に輝き、

対北条戦の連敗を5でストップさせました。

 

決勝戦 三島10-7北条

 

s-三島 優勝.jpg

 

今年も愛媛高校ラグビー界は混戦模様。

秋の花園予選決勝の舞台に立つのは

 

いったいどこか―。

 

 

でも、たぶん あそことあそこかな・・・

 

 

2012年02月01日(水)

「無」

「無」

 

この文字の意味は何か。

「何も無い」、「空っぽ」といった否定的要素を多く含むもの。

または、「無心」、「無我」といったある種、人間の理想の境地を表すもの。

文字だけでは読みきれない深さがありますね。

 

では、「0-0」。

0から0を引いても・・・ではありません。

0対0... 試合の結果です。

つまりドロー、引き分けです。

 

この0対0という結果。どんな競技で見たことがありますか?

野球でしょうか。サッカーでしょうか。

競技によって見え方が違ってきますね。

 

先日、このスコアに出会いました。

 

「北条 対 松山工業」・・・そう、ラグビーでした。

 

s-新人戦準決勝1.jpg

 

ラグビーのスコアレスドローとは一体・・・

 

高校ラグビー新人大会「準決勝」。

去年、花園に出場し、今大会も第1シードの「北条」と

旧チームはベスト4ながら急激に力をつけてきた「松山工業」の対戦。

スタンドには早くも秋の花園予選を見据えたOBや関係者らが

鼻息荒く声援を送りました。

 

s-新人戦準決勝2.jpg 

 

そしてキックオフ。

 

すると、25分ハーフの50分間はあっという間でした。

 

スキルの高い「北条」は素早いパス回しでボールを支配。

FW、BK一体となった連続攻撃を見せます。

 

しかし「松山工業」の出足鋭く「痛い」タックルが炸裂。

オフサイドギリギリのロケットスタートタックルで

北条の多彩なアタックに耐えます。

 

おそらく新チームになって最初の大一番。

想像以上の「圧」を感じながらも

両チームの選手たちの意地とプライドは最後まで火花を散らし続け、

つんのめるようにノーサイドの時を迎えました。

 

結果は、前後半通じてノートライ、ノーゴールの

 

北条0―0松山工

 

その後の抽選の結果、軍配は北条に上がりましたが

その濃密なファイトには、

「スコアを越えた意味」が十分に織り込まれていました。

 

 

決勝は2月5日() 北条vs三島

 

去年の花園予選決勝と同じカードです。

 

 

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年