高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2014年11月05日(水)

銀輪通信 ~サイクリングしまなみ編~

あれからまだ10日・・・

ただあまりに大きな出来事だったせいか、

なにか遠い日の出来事のような気がするのが不思議です。

 

「サイクリングしまなみ」

 

インタビューでマイクを向けると

「We came from south california~」ですとか

「私たち、イタリアからなの。留学中よ」などなど、

31の国と地域から多くの外国人サイクリストたちの姿によって

間違いなくこの日、ここが、歴史の1ページを刻んでいるんだという実感がありました。

 

s-1414497785333.jpg

 

私はBコース

生口島を一周して今治に帰ってくる100キロコース。

朝8時半に出発して、高速道路本線を走って、島を回って、

エイドステーションでレモンジュレをいただき、

鯛めしを詰め込み、

島の高校生たちの作ったパンに笑顔になり

大島の激坂、田浦峠で至福の時を過ごし、

午後4時すぎにフィニッシュゲートに到着と

とても楽しいサイクリングでした。

 

s-1414498012730.jpg

(あいテレビ銀輪倶楽部 兼 撮影班)

 

しかしなによりも島の方々の沿道からの温かい声援!

今回のビッグイベントで最もサイクリストのハートをつかんだのは

一瞬で通り過ぎる私たちサイクリスト一人一人に贈られた

「頑張って~」 

 

s-1414497933231.jpg

 

また、あそこで走りたい!

胸にその思いを抱えたサイクリストが

今も世界のどこかでペダルを踏んでいると思うと

なんだか楽しくなりますね。

 

s-1414498178088.jpg

 

次回は「ツールド玉川」編です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年09月24日(水)

銀輪通信 ~四万十南予往復編~

我が家から局まで「9キロ」

長友選手の1試合走行距離が「11キロ」

フルマラソンは「42.195キロ」

しまなみ海道の今治―尾道間が「約70キロ」

 

では、「167キロ」とは・・・

 

安楽投手の球速じゃありませんよ。

単位が違いますからね。

 

「四万十南予横断2リバービューライド」

 

先日、初開催のサイクルイベントに参加してきました。

宇和島市三間町の道の駅から高知の窪川までの往復コース。

それが、噂の「167キロ」コースでした。

 

s-1411486495579.jpg  

 

午前7時の三間町は気温20度にも満たず

空気はひんやり眠くてぼんやり・・・

でも道の駅での「開会式」で

弊社宇和島支局のK記者のカメラに視線を感じ

一気に目が覚めていく私でした

s-1411489976238.jpg  

   (写真中央付近でカメラを回す宇和島支局のK記者さん)

 

開会式では両県の知事に加え、道中すべての市町長が勢ぞろいし

そのまま第1ブロックとしてスタート!

ご当地特産「巨大クラッカー」も華やかに背中を押してます。

 

s-1411486585985.jpg

 

さて、朝の日差しを正面に受けて

まずは農道ひとっ走り~

 

s-1411486666029.jpg  

 

 

そして、しばらく走ると・・・お待ちかねの「四万十川」が登場!

国内屈指の清流を右手に平坦基調の快適ライド。

その美しい景色は、川の中をこぎたくなるほどです。

 

s-1411486747201.jpg

 

そしてなんといってもサイクリングイベントの楽しみは

「エイドステーション」ですよね。

こちらは、道の駅「四万十とおわ」の「苺アイス」。

その冷たさと自然な甘みが喉と景色に溶け込みます。

 

s-1411486871372.jpg

 

今回、エイドステーションは全部で7か所。

その充実ぶりは特筆もの!

 

s-1411486972592.jpg

 

水、スポーツドリンクにかんきつゼリーはもちろんのこと、

うどんに、キジ鍋に、じゃこてんに、シーラバーガーに南高梅に

あげればきりがないほどっ!

こいだら食べて・・・

s-1411486994290.jpg

 

食べたらこいで・・・

また、食べて

s-1411493068532.jpg

 

スタートからおよそ4時間半で

片道およそ80キロを走破し高知の窪川に到着。

そして今度は四万十川を左手に、颯爽と・・・

 

と行きたいところでしたが、実のところは

「あと80キロか・・・」 

「ホントに戻るの?」

「なぜ戻るのか」

「泊まるべきではないか」とメンタルの弱さを露呈~

 

それでも待ってる家族がいるからこそ・・・

(いえ、全く放し飼い状態です)

とサイクリストは都合よく戻る理由を作るのでした。

 

s-1411487065774.jpg

 

そして無口になり・・・

 

s-1411487092008.jpg

 

やはり待っていたのは「己との闘い」

 

時速30キロ超で、次第に無の境地に・・・

 

s-1411487130390.jpg

 

そして高知から愛媛に入り、

一気に増えた沿道の声援に背中を押していただきながら

午後4時すぎ、なんとか三間に到着!

 

s-1411487192074.jpg  

 

でも実はこの距離、一人で走り切れるはずもなく

道中は、某局のスーパーアスリートさん2人に励まして頂きながらの167キロでした。

本当に有難うございました。この場を借りて感謝申し上げます。

でも、「高橋くん 水泳できるの?」って、まさか・・・

そんなお誘いお受けすることは出来ませんよっ!

 

s-1411487255275.jpg  

 

2014年09月09日(火)

銀輪通信 ~石鎚山ヒルクライム編~

今年も、行ってきました銀輪パラダイス!

「第4回 石鎚山ヒルクライム」。

 

おもごふるさとふれあい市場をスタート地点に

石鎚スカイラインでゴールの石鎚山登山道入り口前の土小屋前まで

約18キロ、平均勾配は約6%のコースに

集うは「坂バカ」600人!(もちろん尊敬の念を込めて~)

 

s-1410189367661.jpg

(スタート地点 おもごふれあい市場)

 

コース断面図はこんな感じ。

第1ステージが11.0キロで、その後3.7キロの下り移動区間をはさんで

第2ステージが7.4キロ。

合計、18.4キロの上り区間のタイムレースです。

ちなみにこれは、久万高原産の木で作られた参加賞。

とても粋です。

 

s-1410189422016.jpg

 

ちなみにウラはこんな感じ。

 

s-1410189449481.jpg

向きは逆になりますが、

コースのデータが詳細に記されています。

 

レースは8月31日(日)。

午前9時からレース開始。

1時間10分を切る自信がある人だけがエントリーできる

「てっぺんクラス」から順に、10歳刻みの年代別に次々スタート!

 

エントリー2年連続2度目の私も、集団に引っ張られながら

ペダルクルクル、次第にトロトロ、息はフーフー、次第にゼーゼー、

軽さを追求した愛車にムチを入れ、

己の絞り切れなかった体重を嘆きつつ、

それでも抜いて抜かれて、私も坂バカ。

 

・・・とその時、

やはりきました!脚の痙攣!

 

しかし、つってナンボのヒルクライマー

地面に足を着くまいと、必死の形相いとおかし。

回りを見ればみな同じ、平地の敵は坂の友!

坂は続くよどこまでも・・・

 

s-1410192126875.jpg

 

ちなみにレース中は撮影禁止。

これはレース1週間前の試走の時。

澄んだ空気は爽やかで、夏の日差しに燃える緑は

生きてる霊峰、石鎚山。

 

などと感じていられるのは試走まで。

レース中は無我夢中!

ドリンクさえものどを通らず、

前輪をなめるがごとく、もがきにもがく・・・

 

それでも、やっぱり・・・

「終わらない坂はない」

 

s-1410147187102.jpg

 

結局、第1ステージ2分短縮、第2ステージ3分短縮で

トータル1時間15分、自己ベスト5分更新できました!

うれしい~

 

最後に―

道中励まし続けてくださった、久万高原町のボランティアのみなさん

本当にお世話になりました!

苦しい時の「あと3キロで~す」はヒルクライムの場合、堪えます・・・

が、声援は本当に沁みました。来年もどうぞよろしくお願いします。

 

来年は1時間10分切りして

某局のテレビ番組にも映りこむぞ~

 

 

 

 

s-1410189638738.jpg

(あいテレビ銀輪倶楽部 名前は立派ですが局内非公認団体です!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年07月25日(金)

銀輪通信 ~真夏の峠~

ついに、夏本番ですね。

いかがお過ごしでしょうか。

連日の高校野球取材、そして松山フェニックスで

頭の中は野球一色です。

そんなヒートアップした頭をクールダウンさせるため

先日、山に登ろうと思い立ちました。

そうです、「自転車」です。「ヒルクライム」です!

今回選んだのは、石鎚山でもなく、亀老山でもなく、

「高縄山」です。

松山市の北条の東にそびえ、標高は986mです!

s-1406292902770.jpg  

 

この暑いのに、そんなことをするためには

「気合」が必要です!

 

そこでまず向かったのは・・・

 

s-1406291016153.jpg

 

そうです。愛媛、松山が生んだ女子マラソンのオリンピアン

土佐礼子さんの記念碑です。

苦しくても、泣きながらでも、35キロからの驚異的なスパートで

たくさんの感動をくれた土佐さんの走り。

あの姿を思い出せば、自分の坂のぼりの苦しみなんて屁みたいなもの・・・

さっそくスタート地点に着きました。

 

s-1406291058016.jpg

 

なにかこの時点ですでに上り坂なんですけど・・・

 

上り始めてしばらくすると、道はすぐに日陰になりました。

意外とこの道、快適かも・・・

 

s-1406291168851.jpg

 

なんて呑気にキコキコ漕いでたら

どんどん標高はあがるものの

だんだん勾配はきつくなり

ぜんぜん前に進まなくなりました!

それでも・・・

 

s-1406291202604.jpg

 

松山市の近郊に、サイクリストにとって

こんな「脚応え」「踏み応え」のある坂があるなんてまさに灯台下暗し。

素直に感動しました。 

道中にはこんな涼しい~所もあるんですよ。

 

s-1406291259612.jpg

 

人口の滝のようですが、轟々という音に

パンパンに張った脚とハートも癒されます。

そして・・・

 

s-1406291327729.jpg

 

到着~♪♪

約10キロの上りでしたが、初出場初登頂できました。

そしてご褒美はこちら。

 

s-1406291385504.jpg

 

素晴らしい景色に、達成感も◎

少し霞んでいますが、瀬戸内の多島美も目を楽しませてくれます。

 

下りの途中で久しぶりに「パンク」のおまけもついてきましたが、

愛媛のサイクルコースの奥深さをあらためてかみしめたサマーライドでした。

 

あ、土佐さんのこと、すっかり忘れてた・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年05月26日(月)

銀輪通信 ~初夏の阿波編~

「来たれ、鬼脚!」

 

そんなキャッチフレーズに恐れをなしつつも

参加してきました・・・

「ツールド にし阿波」

 

にし阿波?

馴染みの薄い人も多いかもしれませんね。

徳島県の「池田」です。

しかもスタート、ゴール地点の駐車場は

あの池田高校ナインも練習したであろう

「池田球場」周辺の公園内。

s-1401102365762.jpg  

(池田球場)

元高校球児としては、

なにか嬉しいような、申し訳ないような・・・。

早朝から感慨にふけりながら、パチリ。

 

今回参加したコースはこの「Cコース」。

s-1401102474997.jpg

 

吉野川を背にスタートし、反時計回りに

山を走って、吉野川に帰ってくる「105キロ」。

初めて参加するので、どんな道がまっていることやら。

ただ、45キロ過ぎから12キロほど「坂」があるらしく・・・

ま、考えても仕方がないかと、

さして気にもとめずスタート地点に集合です。

s-1401102605449.jpg

(「激坂」が待っているとも知らず・・・)

 

そして午前7時40分スタート。

コースは秘境そのもので、

朝のひんやりした空気の中をわけいっていくのはまさに爽快。

ゆるやかな上り坂もなんのその、くるくるペダルも回ります。

すると・・・

s-1401102834117.jpg  

 

あ~、有名な「小便小僧」さんじゃないですか。

そう、ここは「祖谷渓」なんです!

200mの深い谷を見下ろす岩の上・・・

こんな感じです。

 

s-1401102947661.jpg  

 

さて、ロングライドイベントの楽しみのひとつは

やっぱり「エイドステーション」!

今回は道中、5か所ほどありましたが

ホントに充実してました~。

 

山深いところにある、小さな小学校の校庭で、

地元のおばあちゃんが握ってくれたおにぎりを頬張れば、

疲れも吹き飛ぶってものです。

ただ、食べることに必死で写真なんかはありません!

 

s-1401103041372.jpg  

 

しかし、タダでは腹ごしらえもさせてくれません。

この先、やはり待っていました・・・坂?

いえいえ、「激坂」でした。

 

その名は「落合峠」。

噂どおりスタートから45キロ地点から

道は急にその角度を増していき、

標高1520mのピークへ12キロにわたる

「坂」との・・・いえ、「己」との格闘が始まりました。

 

s-1401103106329.jpg  

 

なぜ、人は坂を上るのだろう

遠い異郷の地へ出向き、参加費を払って

もがき苦しみに行く。

脚が攣りながらもペダルを押し込み、

上へ上へ・・・

次のコーナーの先で坂が終わることを祈りながら・・・

 

s-1401103166460.jpg  

 

見知らぬ人も、

ここまでくると、もう共に闘う仲間のよう

励まし、励まされ、上を目指す。

 

無心・・・

 

 

s-1401103282075.jpg  

 

そしてきょうも確信する。

「終わらない坂はない」

 

 

このあとは、ひたすら重力に身を任せ

落ちるように下り続けると

いつしか視界に飛び込んでくるのは

とうとうと流れる「四国三郎」吉野川。

 

そして、 川面を吹き抜ける「向い風」のなか

最後は22キロの川沿い直線ロードレースを満喫~

 

ハードで、でもとってもあたたかい

「ツールドにし阿波」

おすすめです!

 

s-1401103402988.jpg  
2014年03月29日(土)

銀輪通信 ~春本番編~

♪♪春のうららの隅田川~

題名は「春」じゃありませんね。

「花」です。

 

いい季節になりました。

 

s-IMAG0466.jpg

(愛媛・松山市 笹ケ峠へ)

 

ちなみに「花」にうたわれている隅田川には

上流から下流までたくさんの橋がかかっています。

たとえば、蔵前橋や清洲橋、永代橋に、有名な勝鬨橋・・・

s-DSC_0027-1.jpg

(東京・隅田川にかかる清洲橋)

 

そんな橋を自転車でめぐる企画が

ある自転車雑誌に掲載されていました。

案内したのは、日本橋梁建設協会保安委員会幹事長の

河西龍彦さんという方。

実はその河西さん、しまなみ海道の「来島海峡大橋」も手掛けたそうです。

縁ですね。

s-IMAG2668.jpg

(春の来島海峡大橋)

 

その来島海峡大橋を渡って、しまなみ海道をまっしぐら。

尾道までの70キロ余りをスタンプラリーする

恒例の「しまなみ縦走」に参加してきました。

 

サイクリストに春を告げるこの「縦走」。

ちょうどこの日は「瀬戸内しまのわ2014」の開幕翌日、

初の週末とあって海道は大賑わい。

s-IMAG0410.jpg

(一行9人のチャリ 出発前に)

 

サイクリスト仲間9人で今治市のサンライズ糸山を午前9時に出発。

大島、伯方島、大三島、生口島、因島、向島

そして尾道と、春のしまなみを「往路は」満喫しました。

 

そして尾道側のゴールにびっくり。

全国初のサイクリスト向け複合施設が誕生してました。

「ONOMICHI U2」というこの施設、

なにやら倉庫街を改造したような作りになってまして

まずは「GIANT STORE」があるんですがこれがまず大きい!

 

s-IMAG0416.jpg

(広島・尾道  「ONOMICHI U2」)

 

内側のシースルーのガラス壁には

しまなみ海道が刷り込まれていて迫力満点です。

 

s-IMAG0420.jpg

 

さらに、レストランとバーもあります。

バーの名前も・・・

s-IMAG0419-1.jpg

 

「KOG BAR」

こぐバーですよ。

なにか落ち着くというより、かえって心拍数上がりそうな・・・

 

そして「HOTEL CYCLE」も併設されていて

全国初の「自転車にのったままチェックインできる

サイクリスト専用ホテルになってます。すごっ。

ほかにもレストラン、カフェ、ベーカリーなどなど

敷地は2000平方メートル・・・  ま、広いと。

 

で、「しまなみ縦走」に戻りますと、

我々一行はレストランにもカフェにも寄らずっ!

尾道ラーメンを食した後、まっしぐらに今治に向かって爆走~。

往復145キロの旅、今治着は午後7時前でした。

 

 

とにかく今年は正月から

気温1度の極寒サイクリングを敢行していたこともあり

春は心地よいことこの上なく、サドルの上で昼寝をしそう・・・

とは言い過ぎましたが、いいですよ~ 

いつものコースが、ピンクと、黄色と、白に彩られていて

 

s-IMAG0472.jpg

 

時には思いもよらぬものにも遭遇したり・・・

s-IMAG0399.jpg

(今治市 玉川湖を越えたその先で・・・)

 

 

春のサイクリングはいいですよ~

「距離に負けるな好奇心!」

かつて某企業のCMにこんな素敵なコピーがありましたが

いくつになっても、実感。

 

あの道は、あなたの足元から始まっていますよ~。

さあ、いつでも、いつからでも!

 

s-IMAG0456.jpg

(愛媛 @wake-beach)

 

 

2014年03月21日(金)

いつか東北の力に...

「最初は帰ろうと思ったんですよ。

 仕事辞めて、岩手に帰ろう・・・」

 

3年前の3月11日。

埼玉県内の職場でその瞬間を迎えたという。

幸い家族は無事だったが、

夢と現実を天秤にかけるまでもなく

故郷岩手に帰るべきだと思った。

しかし父親から受けた言葉は―

 

「それだったら、最初からいくなよ。

 一人前になるまで、自分の目標達成するまで帰ってくるな」

 

さらに去年、

北復興のシンボル「楽天」が日本一に輝いた。

 

その立役者の一人、「銀次選手」は

かつて岩手大会決勝で敗れともに涙した

盛岡中央高校時代のチームメイト。

その同級生の勇姿に気持ちは固まった。

 

「楽天の優勝はすごい嬉しかったです。

 嬉しかったですけど・・・悔しい気持ちもすごい強くて」

 

岩手県二戸市出身、盛岡中央高校野球部主将

愛媛マンダリンパイレーツ 新トレーナー

伊藤和明さん 26歳。

 

いつかは東北の力になることを誓い

 

今、愛媛で夢を追う

 

 

 

s-IMAG0344.jpg

 

 

そこにある驚きを、全ての人の感動へ―

 

 

 

 

 

 

2014年03月06日(木)

55歳の「楽しみ」

「僕が暗い分、みんな明るいですよ」

 

試合後、そう語る指揮官の表情は柔らかかった。

きっと現役時代もこんな感じで

お立ち台の上に立っていたのだろう。

 

 

天才、秀才たちの集団から、

雑草軍団の中へ飛び込み1か月。

素材の質の差を「伸びしろ」と捉え、道を説いてきた。

 

そして初のオープン戦。

 

愛媛6-0香川

 

 

「次の塁を狙う、相手の隙を突く、

 足の速い選手が多いので、楽しみな野球ができますね」

 

 

 

s-IMAG0317.jpg

 

 

愛媛マンダリンパイレーツ

 弓岡敬二郎 監督 55歳

 

(阪急~オリックス一筋30年)

 

 http://www.m-pirates.jp/

(more info.)

 

 

 

そこにある驚きを、全ての人の感動へ―

 

 

 

 

2014年01月15日(水)

銀輪通信 ~謹賀新年編~

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

すでに寒中見舞いの時期に入ってます。

最強寒波が襲来したその日を狙い!

走ってきました「周防大島」。

瀬戸内海に浮かぶ、山口県の金魚の形をした島です。

 

s-6.jpg

 

見えますね。金魚に。

 

松山からは三津浜港から柳井フェリーで2時間半。

 

s-1.jpg

 

柳井港に着いたら、一路東へ約8キロ。

大丈夫、まっ平らの道です。 

 

加えて・・・

 

 

s-2.jpg

 

 

自信たっぷりな道案内もいて、

まことに心強い限りです。

 

すると、ほどなく「大島大橋」が見えてきました。

 

 

s-3.jpg

 

この時、気温1度・・・

固まった空気を溶かしながらペダルを踏んでいくと・・・

 

 

s-4.jpg

 

日差しの有難さ、太陽の偉大さに、溶けます!

 

 

そして大島大橋を渡り、島を時計回りに進めば、

道幅は広く、舗装され、

進行風のみ、向い風なしのパラダイス。

 

s-5.jpg

 

ご存じのとおり、山口県はガードレールは黄色です。

理由については、どうぞ「ググっ」てみてください。

 

 

 

さて周防大島は、明治時代に多くの島民がハワイに移民したため

ハワイとの絆も深く、96年にはカウアイ島と姉妹都市に。

雰囲気出てます。

 

s-7.jpg

 

そして、、、東の端で、歴史に学び・・・

 

s-8.jpg

 

 

島の南で「厳島神社」に祈り・・・

 

s-10.jpg

 

ぐるっと一周、120キロ!

(道を間違えた分を含めますが。。。)

 

新しい年の始まりに、心地よいサイクリングでした。

 

s-11.jpg

(大島大橋より瀬戸内海を眺める)

 

 

そこで一句!

「スマートフォン  着信のたび  手袋外し」

 

おそまつです。

でも、ニュース「キャッチあい」でOAしてしまったのでした・・・

 

 

 

2013年12月23日(月)

「りん」と「わ」

「今年の漢字」は「輪」でしたね。

 

発表前日の放送で・・・

 

s-aIMAG2821.jpg

 

 

私の漢字も発表しました。

 

 

s-bIMAG2824.jpg

 

少し見ずらいかもしれませんが・・・

 

私も 「輪」 でした。

 

発表前日の放送ですよ!

 

次の日、年末ジャンボを買いに行きました。

 

でも、私はこれを、

「りん」 

からイメージして書きました。

 

「銀輪」・・・そう、自転車のことを「銀輪」っていいますね。

「わ」ではありませんでした。

でも結果オーライです。

 

ただ、来年の私の漢字は今年以上に

「輪」になりそうな予感です。

 

以上、時期がずれた報告でした・・・

 

s-cIMAG2116.jpg

(石鎚山 土小屋付近から)

 

 

 

 

 

 

 

 

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年