高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2020年06月29日(月)

❝withコロナ❞の時代へこぎだして・・・

みなさんこんにちは。

毎日新聞様の「アナ番」(6月14日掲載)です。

カラー写真に感激しております。(^^)/

maru 20200619_204525.jpg

「春の海マスクずらして深呼吸」・・・みなさんこんにちは。

新型コロナの影響で次々に現れる「史上初」の出来事に

戸惑う毎日が続いていますが、いかがお過ごしですか。


スポーツ界でもインターハイや夏の甲子園、それに繋がる県大会など

多くの高校生達が、目標だった集大成発表の場を奪われ、

特に"来年がない"3年生達はショックと無念さに言葉を失ったと思います。

それでも多くの現場の指導者たちが絞り出した言葉の通り、

「頑張ってきた3年間は、決して輝きを失うことはない」と

私も長年スポーツ現場で取材してきた1人として確信しています。

そして今や"withコロナ"(コロナとともに)という新局面を迎えています。

感染対策と経済活動の「両輪」で進むという難しいミッションが

人類には課せられていますが、

「両輪」と言えば、私は今「自転車通勤」で感染対策を図っています!

ロードバイクで毎日往復20キロ...でも、少し早めに家を出て

ゆっくり走れば風薫る季節、マスク越しでも朝の空気は格別です。

もちろんオフの日には"おひとり様"で新緑まぶしい松山市の郊外へ。

"三密"どころか、すれ違う人もまばらなアップダウンの山道では

季節の移り変わりを全身で感じることができて最高ですよ。

さて長い延期・中断期間を経て、まもなくプロ野球や独立リーグ、Jリーグが

開幕、再開します。楽しみですね。

ただ当面は無観客試合で実施するなどスポーツ界は

慎重に一歩を踏み出そうとしています。

それもそのはず、加速していく助走路から見えてくるのは

もう従来の価値観とは異なる世界であり、

求められるのは「新生活様式」を含めた新しい未来への挑戦です。

それでも1年間の助走の先で強く踏み切ることができれば

来年の「東京オリンピック」という着地点は、

人類が未知のウイルスを制御した証として

歴史に深く刻まれることでしょう。

(6月14日掲載)

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年