高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2019年12月25日(水)

千住博展 

令和元年がまもなく終わりますね。

「改元」という歴史的な節目に晴れがましさを覚えたり、

特別変わらぬ日常に、こんなものかと足元を見つめたり。

朝日が昇り、夕日が沈む。

月が満ちて、欠けていく。

「ふつう」が落ち葉のように降り積もっていく。


そんな心模様で訪れた愛媛県美術館 

「千住博展」
20191215_150632.jpg


20191204_124625.jpg

白い水が上から下へ流れている。

流れによって、空気を感じる。

水面にぶつかり無数の飛沫が舞う。

視界いっぱいに広がり、やがて轟音がとどろき始める。

朝の滝。

20191204_124543.jpg


夜になり、月がでる。

闇の中に浮かびあがる滝は、青白くまぶしい。

水は変わらず上から下へ。

空気をまとい、飛沫が舞い上がり、轟音が響きわたる。



20191215_150709.jpg





難しいことを、分かりやすく。

これは人にやさしい。


ただ・・・

一見、分かりやすいことの向こうににじむ

複雑な事情や情念。

なぜか人は、これに惹かれる。



目の前に広がる青白い滝。

ただただ轟々と流れ落ちている。


「千住博展」 愛媛県美術館

2020年1月19日まで開催





























コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年