高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2016年02月14日(日)

それは「三好優作」選手

(^o^)/読了目安 1分

 

愛媛のラグビー界は今、各年代で盛り上がっていますよ。

特に「高校ラグビー」界は大混戦で、上位4つは実力伯仲。

選手もコーチも監督も大変ですが、見るなら今です。

 

私が高校ラグビーの花園予選の決勝を

初めて実況中継したのが、96年。

以来、去年11月の「北条vs三島」戦まで、20年連続で担当させていただきました。

その間、数々のドラマもありましたが、

実は愛媛大会の決勝は接戦が本当に多いんです。

ラグビーは競技の特性から、番狂わせの少ないスポーツと言われています。

実力差がそのまま結果に表れることが多いですよね。

しかし、愛媛、なかでも高校生の花園予選では

準決勝までの戦いぶりと決勝戦の戦いぶりが、いい意味で一致しないことが多いのです。

この20年でも1トライ1ゴールの7点差以内の試合どころか、

1トライ5点差以内、さらに直近などは「2年連続2点差!ゲーム」

 

ノーサイドの笛が鳴る瞬間まで、勝負の行方が全く分からず、

「長いシーズンを締めくくるキックはゴールをそれた・・・」という

松任谷由美の名曲 「ノーサイド」を地で行く試合が

「リアル」に繰り広げられています。

 

これは全国的に見ても屈指の混戦状態で、

テレビ中継させていただく立場としてはもう、「感謝」しかありません!

高校ラガーマンのみなさん、本当に「ナイスファイトです!!」

 

2月11日(祝)に、愛媛県高校ラグビー新人大会の決勝戦がありました。

3年生が引退し、新チームで迎える2016シーズン最初の腕試しの大会です。

日差しやわらかな冬晴れに恵まれた県総合運動公園球技場、

決勝の舞台に勝ち上がってきたのは「松山聖陵」と「三島」でした。

 

s-1455197877645.jpg

 

この両チーム、去年11月の花園予選では非常に悔しい思いをしました。

準決勝  「松山聖陵」24-24北条  引き分け、抽選の結果北条が決勝進出。

決 勝  「三島」29-31北条  サヨナラ逆転コンバージョンキックを決め北条が優勝。

 

あれから2か月半が過ぎ、新人大会の決勝戦。

双方の1、2年生たちは、引退した3年生たちの思いを胸に60分間、頑張りました。

ただ、この時点では、「松山聖陵フィフティーン」が圧倒的な力を発揮しました。

 

s-1455197850185.jpg

 

松山聖陵は、まず個々の当たりの強さで接点の攻防を制し、

FWとBKの連動もスムーズ。

ハンドリングミスもほとんどありませんでした。

 

その躍進のカギを握っている一人の選手がいます。

 

「三好優作」キャプテンです。

 

去年8月にはU17日本代表メンバーとして国際試合も経験。

日本の3戦全勝に貢献しました。

とにかく、ボールを持てば相手DFを2、3人吹っ飛ばすその突進力は

「すごい」の一言。

さらに、アタックラインに三好選手がいるだけで相手DFを引き付けられるので

三好選手の周りにはスペースが出来やすく、味方のトライにもつながっています。

 

まさに圧倒的な存在感―

 

しかし、フィジカル面の強さだけではないのが三好選手のすごい所。

「桜のジャージ」を身にまとい世界を相手にできるメンタリティは

いったいどこから来るのでしょうか。

 

それは11日(祝)18:15から始まる「Nスタキャッチあい」で・・・

 

あ、見てない? 見逃した?

 

残念ですね~

それならば、ぜひ今年は、球技場でお会いしましょう。

ワールドカップでラグビー観戦に目覚めた方にも、

ぜひ一度、目に焼き付けておいて欲しい選手です!

 

s-1455197891172.jpg

(優勝を決めて、スタンドの応援団にお礼の言葉を述べる三好優作主将)

 

*****************************

愛媛県新人大会決勝   優勝 松山聖陵 62-5 三島

2月19日、20日の四国大会では

Aブロック代表が「松山聖陵」、Bブロック代表が「三島」です。

 

 

 

 

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年