高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2016年01月15日(金)

「ギンギラギンにさりげなく」

 

一瞬、耳を疑った

 

愛媛FCの2016シーズン「新体制発表会見」

過去最高の5位につけ、チーム史上初のプレーオフ進出と

充実の1年を演出した「木山隆之監督」。

その手腕にさらに期待が高まる就任2年目の意気込みを問われ、

指揮官はいつも通り、一言一言、確認しながら慎重に話し始めた。

 

言葉の力―  

選手にかけるわずかな一言が、大きな勇気になり、

会見で放つ一言が、時に地域を動かす原動力になる。

 

その指揮官が、突然口にした

「ギンギラギンにさりげなく」

近藤真彦の代表曲である。

そう、去年大晦日の「紅白歌合戦」で、白組のトリを務めたのがこれである。

しかし、なぜ木山監督は・・・

 

s-1452865458025.jpg

 

 

アラフォー世代にとって「マッチ」は青春時代の男性アイドル筆頭であり

その代表曲が「ギンギラギンにさりげなく」だ。

♬「そいつが俺のやりかた~」 みんな歌った。意味など考えずに。

木山監督も当時は、そのタイトルの意味が分からなかったと打ち明ける。

 

しかし2015年の「土壇場」、12月31日の午後11時半過ぎ

木山監督の脳裏に浮かんだこと―

 

「ギンギラギンにさりげなく」 は悪くないな

 

相反することが、物事として成立することもある。

充実のシーズンの後の就任2年目。当然、プレッシャーは大きい。

その中でも、しっかりとした目標設定は大事である。

 

しかし―

 「J1昇格」 という言葉に宿る甘美な響きと、

 「地道にコツコツ」という背伸びなしの堅実な姿勢。

 

相反する2つの言葉の狭間で、

今の愛媛FCを 「全力」で「前進」させるために必要な言葉はどっちなのか。

 

その答えが、「ギンギラギンに さりげなく」だったのである。

そして、 「そいつが木山監督のやり方」なのである。

 

s-1452865469154.jpg

 

「無欲」のプレーオフ進出と

「狙ってつかむ」プレーオフ進出。

越えるべきハードルは低くはない。それでも―

 

「プレッシャーがあった方が、楽しいですよ」 

 

笑みを浮かべる指揮官。

開幕が、今から待ち遠しい。

 

s-1452865480474.jpg

(新加入選手4人とポーズをとる 木山隆之監督)

 

 

 

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年