高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2013年9月25日(水)

「ため息」の重さは

クルム伊達公子が東レパンパシフィックで激高した

観客の「ため息」問題。

 

クルム伊達が第2セットのタイブレークで、

最初のポイントをダブルフォルトで失い

「あ~」の声が漏れ響くと

クルム伊達は「ため息ばっかりっ」と

怒りの交った大声をコートに響かせた。

 

日本のテニス会場に行くとわかるが

レベルが上がれば上がるほど

静寂のあとの拍手またはため息が、

同じような強さで響いているように感じる。

 

 

かつてメルボルンで全豪オープンテニスを観戦したことがある。

そこで驚いたのは、その賑やかさだ。

まるでビーチバレーかフットサルの会場にいるかのような

「スタンドの盛り上がり」を目の当たりにした。

 

国旗を顔にペイントし、立ち上がって旗を振り、

ポイントをあげればもちろんのこと、

ダブルフォルトをしようがしまいが、

声援がなかなか収まらない。

 

とにかく贔屓の選手を応援しまくる。

そしてレフリーから

何度も静寂を求める「サンキュー」の声が響き

ようやく次のサーブ。

 

ちなみに私が観戦したのは1、2回戦のコートで

センターコートではないが、

トーナメントの終盤でもその雰囲気は続いていた。

 

 

個人的な感想だが、日本のファンは

良くも悪くも「勝敗」を意識しすぎるのかもしれない。

「一発勝負のトーナメント文化」が浸透しているからだ。

次がない、後がない状況に追い込まれた中での勝負が好きだ。

 

 

幼い頃から「リーグ戦文化」で育っていればこうはならない。

その一戦に敗れても「次」がある。

次に挽回できるチャンスがある。

 

選手も観客もそう思っているから

大勝負にも出れるし、伸び伸びプレーできるし、

少々のミスにも大きな心で対応できるのかもしれない。

 

「クルム」と「伊達」 

 

2つの文化を知る彼女らしいと思った。

 

 

 

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年