高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2013年5月 1日(水)

最強男復活!村上幸史

本当に驚いた。

正直ピークを過ぎたと思っていた。

とんでもなかった。

 

そんな思いを抱えながら

コーチの浜元一馬さんに話をお聞きした。

 

とても嬉しそうだった。

私も嬉しかった。

 

「85m96」

 

ついに村上幸史選手が85メートルの壁を越えた。

これまで費やしてきた気の遠くなるような時間全てが

報われた瞬間だっただろう。

 

ロンドンオリンピックでは

屈辱の予選落ちどころか

ディーン元気というアップカマーの

引き立て役にも甘んじた。

 

しかし村上選手は常々語っている。

 

「やり投げは単純。ルールも単純。強い者が勝つ。

 そんなやり投げが僕は大好きですからね」

 

 

浜元コーチに尋ねた。

―なぜ記録が出たんですか

 

「生活が規則正しくなったんですよ」

 

聞けば、村上選手はこの春から

母校、日本大学文理学部の准教授として

教壇に立っているという。

 

「火曜日から金曜日までに9コマ持っとるんですよ。

 だから練習時間が減った分、練習の質を高めていると

 本人も言ってました。

 それが良かったんじゃないですかね」

 

そしてさらに・・・

 

「周りの関係者みんなが『リラックスしてたのがよかった』  

 と話しとるんですよ。

 私が朝見たときは、80m位だと思ったんですがね」 

 

 

 

2013年4月29日。

陸上の織田記念国際、男子やり投げで

上島町生名島出身、村上幸史選手が

日本歴代2位の記録で優勝。

 

3投目に描かれた放物線は、

自己ベスト更新の「85m96」

 

周囲の雑音などよそに、粛々と準備を進めてきた村上。

その静かなる闘志と執念を

今、彼の目の前に座る学生たちは肌で学んでいる。

 

 

「継続は力なり」

 

 

s-IMAG0597.jpg

 

(この当時の自己ベストは83m10

 この大会では国内ベストの82m41で2位...)

 

 

 

私もブログを引退したわけではなかった・・・

 

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年