高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2012年7月25日(水)

小松中野と今西伊藤 

挨拶後、そこにいる選手達は

まるで同じチームのようだった。

 

 

s-今西vs小松.jpg 

 

 

 

第3シード小松 対 今治西。

 

元今治西の名将」と「県内屈指の鬼軍曹」の対決。

「秋の覇者」 対 「去年夏の覇者」

 

そして、同じ「クリーム色のユニフォーム」

見所満載だ。

 

しかしまさかスコアボードまで

上下同じ「0」行進になるとは想定外。

 

 

小松のエース「中野涼介」。

 

「コントロールには自信があります」

 

スパッと言い切る潔さ。

この試合でも、5回まで緩急自在、横幅一杯、

なんでもござれのピッチングで3安打無失点。

とても心地よい。

 

しかし、今西の背番号10、サウスポーの「伊藤優作」。

中野を上回った。

 

まずは5回までを「ノーヒットノーラン」

 

左から大きく割れるカーブ。

待てばストライク。

叩いていくしかない。

でも叩けない。

三振は5回までで7個を数えた。

 

両投手は、7回以降も

まるで共同作業のように

スコアボードに「0」を連ねた。

 

ただし例外が1つ―

 

6回ウラ、今治西は1アウト後、1番西森が内野安打で出塁。

2番渡部が送りバントを1球で決め、2アウト2塁。

 

3番笠崎。

3球続けてファウルの後、1球ボールで1ボール2ストライク。

そして小松中野が投じた5球目は、鋭く胸元を突いた。

 

しかし笠崎は、体軸の素早い回旋運動によって

バットのヘッドを見事に返し、

打球は小松のファースト宇都宮のミット数十センチ先、

1塁線をあっという間に切り裂いた。

これで1点。

 

配球の読み勝ち・・・さすがは今西の3番...

そう思った。

 

「体が勝手に反応しました」

 

これが本音らしい。

 

さらにランナー3塁で今治西は4番末廣。

カウント2-2のあとの5球目。

 

中野の投球は「ワンバウンド」。

結果は「ワイルドピッチ」

 

しかしその「ワンバウンド」と「ワイルドピッチ」は

因果関係にあるかといえば、

そうでもない所が凄い。

 

つまり「計算どおりのワンバウンド」。

 

やはり「結果」と「事実」は必ずしも同じではないことを

あらためて思い知らされる。

 

いずれにしても、今西は2点をもぎとり

これが決勝点になった。

 

そして、今西の伊藤。

 

9回表1アウトから

小松の2番尾野にヒットを許し

ノーヒットノーランの夢は潰えた。

 

それでも、9回2安打無失点で完封勝利。

 

「好投できたのはみんなのお陰。感謝です」

 

短い言葉に充実感を込めた。

 

 

 

夏の高校野球愛媛大会3回戦

 

小 松 000 000 000 計0

今治西 000 002 00× 計2

 

今治西2-0小松(第3シード)

 

 

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年