高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2011年10月28日(金)

初の100キロ越えは「とびしま海道」

日はとうに暮れたが、心は晴れていた。

 

広島県の呉港に着いたのは午後7時すぎ。

ペダルをこぎ続け、計6時間。

気がつけば、100キロ走っていた。

 

両足はパンパン。

運動不足なんだから当然だ。

 

でもこの達成感―

 

s-メーター.jpg 

(チャリのメーター)

 

 

 

 

 

午前10時に松山を出発し、

北風に心が折れそうになりながらも

196号を北上しながら午後0時半に今治港に到着。

 

 

s-今治港.jpg 

(今治港から 遠くに来島大橋が見える)

 

 

道中の写真は無い。

撮るまでもないほど車では何度も通った道だ。

 

しかしこんなに遠かったのか。

でも約40キロ。すでに自己ベスト更新でニヤリ。

 

ここから大三島ブルーラインで来島大橋をくぐる。

 

s-フェリー.jpg

(高速船で来島大橋の向こうへ)

 

 

そして午後2時前、

大三島の隣、広島県の「大崎上島」の木江(きのえ)港へ。

 

ここから「安芸灘とびしま海道」の旅が始まった。

 

 

裏しまなみ海道とも言われるこのルート。

しまなみほど、道路状況などは整備されていないが

素朴でゆったりした「島時間」こそが最大の魅力。

全国のサイクリストからも、今注目されているらしい。

 

 

s-地図.jpg 

(自転車雑誌の特集ページ 赤い線がとびしま海道)

 

 

 

大崎上島の木江港からは、まず明石港へ移動。

ここでフェリーに乗るのだが、時間が合わずいきなり1時間待ち。

それでも明石の港町は静かで、かなり静かで、とても静かだったので

私の心も次第に浄化されていくのを実感。

 

フェリーで約15分。

隣りの「大崎下島」に着いたのが、午後3時40分。

ここから秋の西日との競争となってしまった。

 

道中写真は無い。余裕も無い。

 

しかしこの「とびしま海道」には魅せられる。

ぜひ何かのHPで写真のチェックを。(スイマセン!)

 

 

そして「大崎下島」から「豊浜大橋」を渡って「豊島」へ。

さらに「豊島大橋」を渡って、次ぎの「上蒲刈島」へ。

 

そして「蒲刈大橋」を渡って「下蒲刈島」へ。

西日との競争にはあえなく敗れ、この時点で日没。

しかしなんとか「安芸灘大橋」を渡って本州へ。

 

そしてここから道路事情は一変、

呉市外を目指す国道185号は夕方のラッシュ。

黙々と白線の内側でアップダウンを繰り返し、

長~い自転車専用のトンネルを抜けて

呉の中心街をやり過ごし午後7時、呉港に到着。

 

最終便に間に合った。

 

s-呉港.jpg

(呉港の桟橋 向こうは造船所)

 

ここから石崎汽船のフェリーで約2時間。

 

のんびり揺られて松山へ。

 乗船してからの記憶はあまりない。

 

 

それでも100キロ!

 

道はやはり繋がっていた。

 

 

 

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年