高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2011年01月25日(火)

「いい顔」している長友

 

「外から見ているのはこんなにヒヤヒヤするんやな~」

 

きのうのラグビー日本選手権の予選、神戸製鋼vsNEC戦を

花園ラグビー場のスタンドから観戦した大畑大介選手。

日本ラグビー界きってのスター選手だ。

 

今月9日の試合中の大ケガで、豊田自動織機戦が

事実上の引退試合になってしまったが、

気持ちの整理をつけようと放ったであろうこの一言に

寂しさを感じてしまうファンは多いだろう。

 

それはそうと、大畑選手の言葉どおりこの試合に限らず

今年のラグビーはやはり面白いと思う。好ゲームが非常に多いのだ。

 

トップリーグも接戦が多く、実力拮抗の印象があるし、

花園の高校ラグビー決勝で東福岡と桐蔭学園が演じた

「両校優勝」というフィナーレも感動した。

 

そして大学選手権決勝では名将、岩出雅之監督率いる帝京大が、

あろうことか!我が早稲田を破り2連覇を果たした試合も

わずかに「1トライ差」。

 

ラグビーワールドカップイヤーということを差し引いても

魅力たっぷりのゲーム内容は2019年の日本開催に向け、

ファン拡大へいい流れを感じる。

 

その帝京大の岩出監督の著書

 

「信じて根を張れ!楕円のボールは信じるヤツの前に落ちてくる」

 

の中で印象深い文章に出会った。(「 」は引用文)

 

****************************** 

 

「サッカーW杯の日本代表でひとつ気づいたことがあります」

 

ラグビーの監督がサッカーを観戦する構図だけでも興味深い。

 

「日本の選手の中にひとり、非常にいい表情をしている選手がいました。

 『おっ、あの5番、いい顔しとるなあ』

 自宅のテレビで応援していて、思わず口にしたことを覚えています。

 背番号5。左サイドバックの長友佑都選手です。」

 

さらに続けて―

 

「自分を信じているいい顔をして、世界に挑んでいました。

 帝京大の選手も、長友選手のような顔で

         シーズンを戦ってほしいと思いました」

 

******************************

 

この著書が出版されたのは、去年の9月20日。

その後、岩出監督率いる帝京大は前述のとおり、

大学日本一に上り詰め2連覇を達成した。

 

 

きょうはサッカーアジアカップ準決勝「日韓戦」。

宿敵と相まみえる長友佑都の顔から

私たちも、今夜再び「自信」の二文字を読み取りたい。

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年