高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2011年01月19日(水)

心が響いた瞬間

きのう石毛宏典さんの講演会を取材させた頂いた。

 

ひめぎんホールの客席には

18歳以上の専門学校、各種学校の男女が約1000人。

この構図自体に興味があった。

 

「熱血肉食系」と「草食系男子」。

 

響くだろうか―

 

「あいさつと返事は大きな声で!」

「人の話しを聞くときは、相手の目を見て聞け!」

 

まず、自身が開く「石毛野球塾」の生徒との約束から入ったが、

石毛さんの「熱」がまっすぐ伝わるのか、少々不安になった・・・

 

しかし―

 

「四国アイランドリーグ」を立ち上げた思い。

 

「千葉のよそ者」が「四国」に受け入れてもらうまでの「汗」。

 

常勝西武ライオンズの1億円プレーヤーが直面した「挫折」と「気づき」

 

そして浮き彫りになっていった「夢」。

 

さらにアイランドリーグで「再生」を誓う若者たちとの会話・・・

 

 

s-石毛さん1.jpg

 

1時間半はあっという間だった。

杞憂に過ぎなかった。

 

「前心」、「朴心」「根心」、「耕心」、「捨心」。

 

左手にマイク、右手にホワイトボードのマーカー。

石毛さんは、現役時代に掲げたスローガンを1つ1つ紹介した。

 

「大切なことは目に見えないことが多い。

 木の根のように。

   見えないものを見つめていきたい」(根心)

 

現役時代、慢心しないよう「心のあり方」には

徹底的にこだわったという。

 

そして、石毛さんは切り出した。

 

「最近は『我流』または『自己流』を

  『個性』だと勘違いしている人が多い」

 

まず「形」があってこそ「ぶれない軸」が出来る。

 さらに軸ができても「志」がないと、

  いくら真面目にやっても「ぶれる」。

 

石毛さんは「基本」の大切さと

 それを身に着けるために必要な「聞く」姿勢を説いた。

 

s-ヤフードーム.jpg 

 

講演終了後―

会場の若者が手をあげた。

マイクが渡った。

 

19歳、専門学生、県内強豪野球部出身、ベンチ入り経験ゼロ。

 「野球以外のことで、野球の技術の参考になるものはありますか」

 

「あります!」

石毛さんは即答した。

 

彼が、人生に「工夫」を求めた瞬間を逃さなかった。 

 

ベンチ入りできなかった3年間だった

 今でも野球は好きだ。

 でも、専門学校もある。

どうすればいいんだろう・・・そんな風にも見て取れた。

 

そして次ぎの瞬間、石毛さんは、

1000人の前で勇気を持ってマイクを握った彼の

「心の迷い」を吹き飛ばした。

 

 

「おう!うちに来て野球やるか!」

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年