高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2009年7月24日(金)

重川の3球目

「自分のピッチングが出来て

全て出し切れたので悔いはありません」

 

そう言い切れるほどの出来事は、

そうそう人生には現れるものでもないだろう。

 

松山中央、エース「重川和真」投手。

 

目には光る汗。涙ではない。

 

7回、ノーアウト2塁3塁。

ここから始まる第1シードのクリーンアップ。

ヒット1本で2点が入れば5対0と試合は決まる。

松山中央内野はバックホーム体勢、前進守備だ。

 

3番森。

カウント2-2からの5球目。

強い当たりだったがサードゴロ。

ランナー動けず。

 

そしてこの試合4度目、4番秋山を迎えた。

 

状況は1アウト2塁3塁。

 

「1塁は開いている」・・・なんて書くのは野暮だ。

 

勝負―

 

カウント1-1からの3球目。

秋山のバットにボールが当たる。

いや・・・当てた。

ピッチャーゴロ。

 

そして、5番大藤もファーストゴロ。

 

重川は見事、西条の3番、4番、5番を打ち取り

ランナーにホームを踏ませなかった。

 

s-重川.jpg 

(7回 重川vs秋山)

 

 

「ツーシームです」

 

試合後、重川は明かした。

 

「左バッターにはツーシームが有効だったので・・・」

 

重川がこのウイニングショットに自信を深めたのが

1回ウラ、秋山の第1打席だった。

 

立ち上がり重川は

西条の1番キャプテン井下、2番佐々木を

低めの球で内野ゴロに打ち取る。

ところが3番森に対し、突然ストレートのフォアボール。

 

まさか・・・

 

そして迎えた4番秋山の第1打席。

重川―清家のバッテリーは勝負、いやテストに出た。

 

初球、ストレート。

ホームプレートの外角いっぱいに決まるストライク。

 

ここで、キャッチャー清家の腰が少し浮き、

先に動いたのは右足だった。

 

2球目。

インコースのボールに秋山の巨体は瞬時に反応。

しかしその直後、ボールの軌道は変化し、バットは空を切った。

インコース低めのスライダーは清家のミットに収まった。

これで2ストライク。

 

そして再びキャッチャー清家は外に構える。

一方、投手重川を見つめる秋山もその気配には気づいていただろう。

いや、あえて気付かせたか・・・

 

そして運命の3球目。

重川はストレートの腕の振り。

秋山のバットがボールに最短距離で近づく。

 

ところが・・・流れて、落ちた。

 

秋山のバットには何も起こらず3球三振。

 

最高の打者相手に「実験」を終えた重川―清家バッテリー。

左バッター攻略法についての自信は確信に変わった。

しかも「初回」に・・・

 

確かに、3番森を討ち取って、

2回ウラの先頭バッターとして秋山と勝負する方法もあっただろう。

 

しかしそれでは、2回の表に秋山にいいピッチングをされた場合、

松山中央打線の気持ちにはあきらめムードが漂い、

秋山は気分のいい状態で打席に入ることになる。

 

逆に1回のうちに秋山を封じることが出来れば、

バッテリーだけでなく、ナインにも

まだ互角の勝負をしているという気持ちにもなれる・・・

 

推測が過ぎるだろうか。

 わざと3番森を歩かせたかどうかは分からない。

 

ただ、バッテリーの選択はこの時、最高の結果を導き

その後のピッチングの内容を深めることに成功した。

 

結局この試合、松山中央バッテリーは

西条の4番秋山をはじめ左バッター3人に許したヒットは1本。

5番司馬の内野安打だけだった。

 

 

しかし勝負は、

西条の「右バッター」3番森、6番佐伯のタイムリーで決まった。

 

 

試合後、重川は落ち着いてた・・・ように見えた。

 

「後輩たちには、僕たちが出来なかった分も

     来年の夏、頑張ってもらって・・・」

 

重川の顔が少しゆがんで見えた。

 

でもそれは、

彼の「目に浮かぶ汗」によるものだけではなかった気がする。

 

 

 

*******************************

 

夏の高校野球愛媛大会 3回戦 坊っちゃんスタジアム

 

西条 3-0 松山中央

 

*******************************

 

 

コメント

あきら (2009年7月28日)

高校野球も、いよいよ大詰め!今日あたりベスト4進出校が決まりますね

我が母校は残念ながらベスト16で敗退しましたが自分が高校生の時は決まって1回戦コールド負けの常連校だったのが今やベスト16に残るまでに…

嬉しいですね

また来年!がんばれよ後輩たち!

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年