高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2009年04月27日(月)

聖地の条件

s-マツダスタジアム2.jpg

 

新広島市民球場。

マツダ ズーム・ズームスタジアム広島。

略称「マツダスタジアム」

初めて行った。

 

面白いスタジアムだ。

メジャーのスタジアムをイメージして

内野が天然芝で、スタンドの勾配も緩やかで、

ファウルグラウンドが狭くて選手が間近に見られて・・・。

 

そしてご存知のとおり

熱烈なファン向けの「パフォーマンスシート」をはじめ、

「ボックスフロア」に「パーティフロア」

「ブルペンレストラン」に「のぞきチューブ」などなど。

名前だけでもワクワクする。

 

さらに特徴的なのが左右非対称の造り。

レフトスタンドの中央付近がぽっかり空いているのだが

なんでだろう~とぼんやり眺めていると

突然「シューッ」と視界に飛び込んできたのは「新幹線」。

 

これはレフト後方が

「山陽本線」「山陽新幹線」の軌道になっているためだが

マツダスタジアムでは

その設計上の制約を逆手に取っているのがまた憎い。

なんとJRの乗客も球場の観客と見たてて、

車窓から試合をチェックできるということだ。

 

 

s-マツダスタジアム.jpg 

 

この独特の球場設計を担当したのは

「環境デザイン研究所」。

 

ここは、あの北島康介も何度も泳ぎ、日本選手権の会場としても有名な

「東京辰巳国際水泳場」などを設計している。

実は私もここによく通っていたのだが、

外から見ても中に入ってもなかなか楽しい場所である。

 

この日は、広島―阪神3連戦の初日。

結局私は、カープの試合前練習中だけの滞在で非常に残念だったが

RCC中国放送のスーパー実況アナウンサー「一柳さん」が

実況担当日にも関わらずアテンドをしてくださった。

深く感謝。

 

で、スタジアムに話を戻すが

あらためて驚くのは・・・

 

「マツダスタジアムの建設費は、坊っちゃんスタジアムより安い!」

 

・・・という事実。

 

坊っちゃんスタジアム 118億円

マツダスタジアム

本体建設費 90億円+22億円

     →ロッカー、スポーツバー、球団事務所等

 

カープファンでぎっしり埋まるスタンド。

ビッグなスコアボードなど、

完全プロ使用のこのスタジアムが

なぜ・・・坊っちゃんスタジアムより安いのか。

 

それはスタジアム内のプレスルームに向かう道中に一部判明した。

 

「これで完成・・・なんですよね」

 

ファンの目に触れないような通路などの天井、壁などは

極力簡素な造りになっていたのだ。

 

エアダクトなどはむき出しの所が多く、

構造上問題ないところは「壁」というよりは「仕切り」に感じる。

実際、様々な工夫で建設費を抑制したことこそ「メジャー仕様」なのだ。

 

坊っちゃんスタジアムの通路や壁、

ロッカー、会議室などを思い浮かべるとその差は歴然だ。

 

そう「坊っちゃんスタジアム」はあらためて「立派な」球場なのである!

 

 

だから!「愛媛FC」が困っているのである!

 

 

 

(次回、聖地の条件は「箱」≦「人」 につづく)

コメント

あきら (2009年04月28日)

昨日、紹介されてましたねえ…広島のマツダスタジアム!
広島の美味しいものもたくさんあって(^_^)

ぜひ行ってみたいです!


それにしても愛媛FC、元気ないですねえ…
練習時も声が小さく、やる気が伝わってこない!今からこれでは長いシーズンを戦う事など出来ない

もっとしっかりして欲しいですね

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年