高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2008年4月30日(水)

あきらめたらアカン



~幻の100マイル投手の挑戦~

ずばり聞きたかった。
本人の口から聞きたかった。

――もう一度NPBに戻りたい思いとは何か。

「やり残していることというか・・・
今さら・・・とよく言われるんですけどね、
今年37になるんですけど」

その大男はゆっくりと語り始めた。
四国九州アイランドリーグ、長崎セインツのピッチャー
前田勝宏 36歳。
そう、あの「元西武の前田」だ。

ストライキの影響で人気が下降気味だったメジャーリーグを
あの野茂英雄がトルネード旋風で救ったのは1995年。
この年のオフ、日本球界で突然メジャーリーグ挑戦を直訴し、
物議をかもしたのがこの前田だ。
短い髪を金髪に染めた速球投手といえば
覚えている方も少なくないだろう。

その前田が、目の前で投げている。

4月27日、八幡浜・大洲地区運動公園。
GWで快晴、しかも南予地区での開幕戦、
さらに愛媛マンダリンパイレーツと長崎セインツの初対決とあって
スタジアムは満員だ。
ざっと1900人。地方球場では異例の観客数である。

そして8回、その時が来た。
身長188センチ、98キロがマウンドに立つ。
背番号41が小さく見える。


速い・・・


    *      *       *


今から13年前、前田は160キロを投げた。
ハワイでの参考記録だったが
「幻の日本人100マイル投手」として注目された。

前田の西武時代3年間の成績は芳しくない。
その後、野茂に続く日本人としてNYヤンキースに入団。
傘下のマイナーリーグで1A、2A、3Aとステップを踏んだが
結局5年間の在籍中にメジャー昇格は果たせなかった。


課題は「制球難」


2001年には中日ドラゴンズに入団。日本球界復帰を果たした。
しかし1軍登板は無く、戦力外通告はその年のオフ。
それでも前田は歩みを止めなかった。

2002年 台湾・興農ブルズ
2003年 イタリア・ボローニャ
2004年 中国・上海ゴールデンイーグルス

野球ができるなら、どこへでも行った。
本当にどこへでも―

2005年 関西野球専門学校・アスピア学園
2006年~07年 岩手21赤べこ野球軍団

そして今年、長崎セインツに入団した。

「この子らと一緒に、僕ももう1回やりたいという思いです。
やっぱりあきらめたらアカンと思うし、
可能性は低いかも分からんけど
やってる限りチャンスはあると思うので
これからもやろうと思ってます」

  *     *     *

パイレーツ打線相手に、この日前田は
クローザーとして8回からマウンドに上がった。

そして打者7人に対し、4者連続三振を含め1安打無失点。
その存在を強烈にアピールした。

しかも特筆すべきはその内容。
丁寧に丁寧に低めを突きカウントで追い込むと、
ウイニングショットは剛速球かと思いきや、
さらにコーナーギリギリを突くスライダー。

しかもその精度たるや、
上位争いを繰り広げる愛媛ベンチを黙らせるには
十分すぎる内容だった。

そこには、かつて「制球難」に苦しんだ面影は微塵も無く
「なにがなんでも上に戻りたい」という
強烈なメッセージが込められていた。

「僕が先頭に立って、あのようなピッチングを見せていかないと、
 この子ら強くなっていかないので、
 そういうプレッシャーというか、やりがいというのがあって」

前田は続ける。


「僕がやることによってチームが強くなっていくと思うんで、
        
 毎日毎日、1球1球、必死でやってます」

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年