高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2008年1月21日(月)

STRONG WILL ~揺るぎない意思~


「自分たちの枠を破るためにも、
   土佐さんや、君原選手のように
      無理、無駄をこれからしてもらいたい」

今月15日、新体制でのスタートを切ったJ3年目の愛媛FC。
4年目の望月一仁監督が「勝負の年」と口にするシーズン初日のミーティングで
引き合いに出したのは、2人のマラソンランナーの名前だった。

去年の世界陸上でも、後半の驚異的な粘りで銅メダルに輝き、
北京オリンピックの切符をまさにもぎ取った「土佐礼子選手」。
その走りは、「STRONG WILL」=揺るぎない意思という
今季のチームスローガンをまさに体現していると望月監督は感じていたのだろう。

さて、「キミハラ」だ・・・。

「土佐さんや・・・」のあとに続いたその名前。
それは、昭和の名ランナー「君原健二」だった。

1960年~70年代に活躍した君原は、
オリンピックに3度出場し、いずれも10位以内に入るなど
日本男子マラソン界の第一次黄金時代を築いた一人である。

しかし当時、「一仁少年」の心を掴んでだのは、
何もその華やかな結果からだけではないだろう。


1964年の東京オリンピックで君原は、
円谷、寺沢とともに日本代表として出場。
「最もメダルに近い男」としてスタートラインに立った。

しかし、結果は8位。プレッシャーに押し潰され、惨敗。
66年にボストンマラソンで優勝して立ち直るまでに、2年の月日が流れていた。

そして68年、円谷は自殺―。

しかしその年のメキシコオリンピックで君原は銀メダルを獲得。
東京五輪の失敗、ライバルの死という衝撃を乗り越えた。

その君原の練習方法のエピソードがある。
チームメイトと練習する時は必ずアウトコースを走ったという。
するとトラック1周で約6m長くなり、10周で60m、100周で600m長くなる。
それを同じタイムで走る練習を重ねれば
実際のレースでは600mリードできる計算だ。

日々のちょっとした意識改革と「気持ちの強さ」こそが
君原を支え、またファンを魅了したのだろう。
「一仁少年」も、その1人だったに違いない。

「ストロング ウイル」=揺るぎない意思

・・・ではあるが、「あとは気持ちだけ」ともとれる。

昨シーズンの練習初日、望月監督は言った。

「第1クールは我慢です。第3クールぐらいまでかかるかもしれない・・・」

しかしきょうの望月監督の言葉には明らかに圧が違っていた。

「鹿児島キャンプのJ1との練習試合で、判断のスピードをあげていきたい。
 で、相手に合わすのではなく、自分たちのやりたいサッカーをやりたい。
 理想はJ2、1年目のようにスタートから勢いに乗っていければと思う」

勝負の3年目、愛媛FCに何か・・・「雰囲気」を感じる。

コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年