高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2014年07月25日(金)

銀輪通信 ~真夏の峠~

ついに、夏本番ですね。

いかがお過ごしでしょうか。

連日の高校野球取材、そして松山フェニックスで

頭の中は野球一色です。

そんなヒートアップした頭をクールダウンさせるため

先日、山に登ろうと思い立ちました。

そうです、「自転車」です。「ヒルクライム」です!

今回選んだのは、石鎚山でもなく、亀老山でもなく、

「高縄山」です。

松山市の北条の東にそびえ、標高は986mです!

s-1406292902770.jpg  

 

この暑いのに、そんなことをするためには

「気合」が必要です!

 

そこでまず向かったのは・・・

 

s-1406291016153.jpg

 

そうです。愛媛、松山が生んだ女子マラソンのオリンピアン

土佐礼子さんの記念碑です。

苦しくても、泣きながらでも、35キロからの驚異的なスパートで

たくさんの感動をくれた土佐さんの走り。

あの姿を思い出せば、自分の坂のぼりの苦しみなんて屁みたいなもの・・・

さっそくスタート地点に着きました。

 

s-1406291058016.jpg

 

なにかこの時点ですでに上り坂なんですけど・・・

 

上り始めてしばらくすると、道はすぐに日陰になりました。

意外とこの道、快適かも・・・

 

s-1406291168851.jpg

 

なんて呑気にキコキコ漕いでたら

どんどん標高はあがるものの

だんだん勾配はきつくなり

ぜんぜん前に進まなくなりました!

それでも・・・

 

s-1406291202604.jpg

 

松山市の近郊に、サイクリストにとって

こんな「脚応え」「踏み応え」のある坂があるなんてまさに灯台下暗し。

素直に感動しました。 

道中にはこんな涼しい~所もあるんですよ。

 

s-1406291259612.jpg

 

人口の滝のようですが、轟々という音に

パンパンに張った脚とハートも癒されます。

そして・・・

 

s-1406291327729.jpg

 

到着~♪♪

約10キロの上りでしたが、初出場初登頂できました。

そしてご褒美はこちら。

 

s-1406291385504.jpg

 

素晴らしい景色に、達成感も◎

少し霞んでいますが、瀬戸内の多島美も目を楽しませてくれます。

 

下りの途中で久しぶりに「パンク」のおまけもついてきましたが、

愛媛のサイクルコースの奥深さをあらためてかみしめたサマーライドでした。

 

あ、土佐さんのこと、すっかり忘れてた・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年