高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2008年07月16日(水)

球児から高校生へ 夏の夜の情景

s-夏の夕焼け.jpg夏の夜の午後8時半。

車での帰宅途中、松山市内城北地区の国道。

信号待ちをしている私。

目の前を1台の自転車が通り過ぎた。

肩に大きなカバンをかけた制服姿の高校生だ。

 

なぜ「高校生」と分かるのか―

 

頭の上の「野球帽」だ。

マークを見れば、この日「勝ったチーム」だ。

 

彼はレギュラーか、控えの下級生か。

全く分からない。

ただ、彼がこの時、満たされた時間を過ごしていたのは

容易に想像がつく。

いつもの帰り道、自転車で「ひとり凱旋パレード」だ。

 

 

5分後。

今度はユニフォーム姿の高校生をみつけた。

濃紺の帽子をまっすぐにかぶり

背中の背番号は「16」。

胸のマークを見れば、この日「負けたチーム」だ。

 

3年生ならきょうで「引退」。

2年生なら、あすから「最上級生」だ。

 

右手に握った携帯電話の向こうは誰だろう。

3年間のねぎらいか、あすからの日々への激励か。

親か、親戚か、あるいは「もうひとつの青春」の1ページか。

 

1回戦から2回戦へ。

もう、大会参加の半数のチームで3年生が現役引退し、新チームがスタートしている。

 

そして暑い夏は続く。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年