高橋浩由の「スポーツ素敵に隠し味」

2008年03月18日(火)

カギは「足りないもの」





浦和レッズがまた負けた。
しかもホームの名古屋グランパス戦で。

開幕戦の横浜Fマリノスにも負けた。
2連敗だ。勝ち点ゼロ。
年間65億が動くチームが・・・だ。
最高の選手が揃っているのにだ。
実力は日本一だろう。
しかし全ての勝負はその位置からどう仕掛けるかで決まる。
常識だ。

玉田誠の参戦しているモトGPだってそう。
予選レースの周回ラップの争いは言うなれば、
マシン自体の性能の勝負だ。
マシンの実力ナンバー1のバイクが
ポールポジションを取る確立は高いだろう。

しかし最終日の本戦は、それとは違う。
やはり最後は1対1の勝負。
300キロで直線をぶっ放し、迫り来るコーナーを前に
先にブレーキをかけたら負けだ。

ギリギリの世界で心技体全ての要素が問われる。
マシンの実力だけが勝敗を分けるのではない。
「足りないものを補う力」こそが結果を左右する。

高知キャンプ中のこの日、
オリックスバファローズの梶本達哉投手は何度も高く跳んだ。
繰り返し高く跳んで、アピールし続けた。
90メートルダッシュでも20本手を抜くことは無かった。

この日、梶本は肩に違和感を覚えていた。

よって、ノースローデーとなった。
ピッチャーがボールを投げない日・・・。
だからこそ、できる範囲で最大限のアピールをし続けた。
これまで順調に来ていただけに評価を落としたくなかった。

だから梶本は「姿勢」で勝負に出た。
それはブルペンにいるよりも首脳陣の心を捉えたかもしれない。


才能は魅力的だ。
しかし勝負を決めるのは
「足りない物に気付く才能」なのかもしれない。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年