平繁かなえの mama’sあい

2010年03月18日(木)

きょうは彼岸の入り

季節の話題という事で、大宝寺の「うば桜」を取材してきました。

s-2010031810030000.jpg

いや~立派!早咲きのエドヒガンで、いま満開です。

高さ5mの1本の幹から噴水のように枝が垂れ、白い花の房が地面にとどきそう。

樹齢300年だとかで、枝にも支えがないと立ってられない程の老木ですが

風格というか、威厳というか、ま~見事な桜でした。

 

実は「彼岸の入り」という事で、

寺の墓地へ墓参りされる方も撮影しようと考えてたのです。

 

が...

 

あれ?一人も来ないぞ??

 

待ちくたびれて、寺の方に「来ませんね~」と尋ねると

「ここら辺では"入り花は立てたらいかん"っていいますからね~」と。

 

ん?そんな風習、初めてきいたぞ。

 

桜を撮影している老夫婦に聞くと

「ああ、昔から"入り花はいかん"っていうね~

でも、あれは、彼岸前にちゃんと準備しとかないかんって事なんじゃない?」と。

なるほど。勉強になりました。

 

ちなみに四国は真言宗が多く、墓に供えるのは「しきび」という葉です。

私の実家は浄土真宗で、小菊などの花を供えるので

嫁ぎ先のお墓参りは、「なんで葉っぱだけなん?」と不思議でした。

そして、緑の葉っぱでも「おはな」と呼ぶんです。ああ...紛らわしい。

 

子供が小さいうちはお墓参りもあまりできなかったので

この連休はお参りでもしなきゃな...と、長男の嫁は反省したのでありました。

コメント

ポンじいちゃん (2010年03月18日)

そうそう ここら辺では、お墓に葉っぱだけの「しきび」って言う枝(葉の付いたのを)を供えるんですよね。ポンじいの田舎辺りでは、「菊」などの花でしたが、ポンじいとこは、既に「自分の入る墓を」購入し、何時でも入れます・・(笑) お参りに来てくれる方には、どんな「はな」でもいいよって言っておくかな・・実家の宗派は「浄土真宗」・・南無阿弥陀仏・・ナンマイダーです。 (松山に来て、何でお墓に葉っぱだけ?って思いましたね・・ほんま、ややこしい ですね。) 

きょんきち (2010年03月20日)

うちもをお花てばーちゃんがいうてました~
ばーちゃんはよく、「しきびはあの世のお金なんよ~枯らしたらご先祖さんが貧乏になる!」て言い聞かされ、いまだに信じてますが(^_^;)うちのお母さんは毎週土曜日か日曜日に墓掃除とお花替えにいってます。私は嫁ぎ先の墓参りは盆正月くらいで、墓守りしてる母ちゃんの真似はできましぇ~ん(ToT)

平繁かなえ (2010年03月22日)

ポンじいちゃん、きょんきちさんへ

宗派によって風習も様々ですが、しきびを絶やさない=花を絶やさない=先祖を敬う気持ちなんですよね。何気なく守ってる「言い伝え」にもちゃんとした根拠があって「なるほどな~」と納得。実は先日、浄土真宗のご葬儀に出席したのですが、浄土真宗では「冥福をお祈り申し上げます」って言うのはNGなんだそうです。訃報ニュースで我々も何気なく使っていましたが、言葉の意味、成り立ちをちゃんと分って使わないと失礼にあたるという事、改めて学びました。

マネージャーK (2010年03月29日)

最近、ブログに感動して、少しはまっています。
で、ここに遊びに来たんですが、
私も知りませんでした、入り花は立てられん!
勉強になりました。
ブログって、すごい!!!

平繁かなえ (2010年04月01日)

マネージャーKさま

お初コメント、ありがとうございます!
ブログにはまっている…ということはご自身のブログをされてるのでしょうか?
私もいろんな方からのコメントでとっても勉強になっております。
また遊びにきてくださいね。

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。

アナウンサールームトップに戻る

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年