横山岳の今日はガックリ!?明日はバッチリ!!

2019年02月22日(金)

同郷の誇り





購入したばかりの
真新しい選手名鑑を眺める。

一人の選手に目がとまった。



同郷だった。



愛媛FC・神谷優太選手。
J1湘南から期限付き移籍、そしていきなりの背番号10。


入社1年目。
スポーツを担当し、恥ずかしながら愛媛FCを一から勉強していた私にとって
試合中、愛媛1年目の彼のプレーを目で追ってしまうのは自然なことだった。




今回、『Nスタえひめ』の
「私の宝物」というコーナーで
彼にインタビューさせてもらった。


宝物は
青森山田高校時代の
選手権で履いたスパイクと
同級生全員からのメッセージが書いてあるユニフォーム。




神谷宝物1枚目00000000.jpg



「自分のサッカーキャリアを考えたときに
何か大きな変革がないと、より上のレベルは目指せないと思った」


高校2年での大きな決断。
所属していたユースを退団し、青森山田高校の門をたたいた。


「やっぱり自分が上に行きたいっていう思いだけだった。
常にトップレベルを目指してやってきたし、
その気持ちが強かったからやり遂げられた。だからチームメイトも認めてくれたと思う」



向上心の塊だと思った。



愛媛でお気に入りの場所を尋ねると
梅津寺にある練習グラウンドを挙げ、
家にいれば、代表戦などは欠かさずチェック。
サッカーをするのも見るのも大好きな好青年。



「実は愛媛って意外と都会だなって思ったんですよね!」
あの無邪気な笑顔が忘れられない。



J2開幕まであと2日。
ピッチでさらに輝きを増す背番号10から、目が離せない。






コメント

コメントする

  • 個人情報の取扱いについて(必ずお読みください)
  • コメントはあいテレビの判断により掲載されないことがあります。
  • コメントの内容を編集することがあります。
  • 名前はペンネームでもかまいません。

※メールアドレスはサイト上に公開いたしません。