えひめの食 食べて応援!旬なイッピン

2017年05月28日

豚肉のアスパラ巻・彩りトマトと卵添え

【産地・商品情報】

ふれ愛・媛ポーク

産地:大洲市菅田町
生産者:JA愛媛たいき管内、多田ファーム 松田智社長

2017-05-28-3.jpg


2017-05-28-4.jpg

今回お邪魔したのはJA愛媛たいき管内、大洲市菅田町にある多田ファーム。
現在、ふれ愛・媛ポークとなるハイコープ豚を年間約3万5000頭出荷。
これは、ふれ愛・媛ポーク全体の4分の1以上を占めています。
豚を育てるにあたり、最も気をつかう事は衛生管理だと話す多田ファームの松田智社長。
豚舎に入る前に全身をくまなく洗った上、防護服に着替え、徹底した消毒。

養豚の三大要素は「空気・水・エサ」だと言う松田社長。中でもエサは、独自配合のものを使用し、豚の健康を考えて免疫力が上がるよう、ミカンの皮の粉末を配合しているそう。きめ細やかな肉質と、脂肪と赤身のバランスがよいのが「ふれ愛・媛ポーク」の特徴です。





 
2017-05-28-5.jpg
【材料】:2人分
豚ロース薄切り8枚 卵2個 アスパラガス2本 ミニトマト5個
マヨネーズ大さじ2 塩コショウ少々 オリーブオイル小さじ1

A(ハーブ塩小さじ1/4 オリーブオイル小さじ1)


【作り方】:
(1)豚肉を広げ、軽く塩コショウをしておく。
(2)アスパラガスは根元を1㎝切り、4等分にする。
鍋に水を2㎝程度入れ沸騰したら2分茹でる。ザルに上げて粗熱を取る。
(3)豚肉にアスパラガスを巻く。巻き終わりを脂にすると、少ない脂で焼く事ができる。
(4)フライパンにオリーブオイル小さじ1を入れ、(3)を中火で5分程度こんがり焼き、皿に盛りつけておく。
(5)ミニトマトは角切りにしてAと混ぜておく。
(6)卵を刻んでマヨネーズと和えて(3)に載せる。(5)をかけて完成。

彩りよく、栄養満点の一品です。
おもてなしの料理にもお弁当のおかずにも使えます。
甘辛ダレで仕上げることの多い肉巻も、あっさりとお洒落に食べられます。
ワインやビールのお供にもお勧めです。

2017年05月14日

乾しいたけたっぷり・中華風茶わん蒸し

【産地・商品情報】

乾(ほし)しいたけ

産地:西予市野村町
生産者:JAひがしうわ 高橋征敏(まさとし)さん

2017-05-14ippin-siitake-20.jpg

 2017-05-14ippin-siitake-7177.jpg 

野村ダム・鹿野川ダムを擁する西予市野村町。「乾燥する冬場でも、ダム霧のお蔭で適度な湿度が保たれ、しいたけ栽培には最高の環境」と話す高橋さん。ほだ木約30,000本による原木しいたけを親子二代で栽培しています。自然に近い状態でしいたけを育てる「原木しいたけ栽培」は農薬不使用で安全安心の品質。秋から冬にかけじっくり成長した原木しいたけを乾燥させ「乾しいたけ」にして出荷しています。原木しいたけは風味や食感、味がよいのが特長。中でも、厳しい格付けにより共同選別された「愛媛格付共販乾しいたけ」は、「愛」あるブランドに認定されています。


2017-05-14ippin-siitake-7.jpg

【材料】:4人分
乾しいたけ20g 豚ひき肉80g 青ネギ2本 アスパラガス2本 
新タマネギ30g 卵4個 鶏ガラスープの素小さじ1 
乾しいたけの戻し汁500cc 醤油小さじ1
A(醤油小さじ1 ごま油小さじ1 みりん小さじ1)
水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1/2 水大さじ1)

【作り方】:
(1)乾しいたけはさっと洗い水に浸けて1晩冷蔵庫に置く。戻した椎茸を取出し、戻し汁を400ccと100ccに分けておく。
(2)卵を溶いてしいたけの戻し汁400ccと混ぜ、3回濾してなめらかにする。
(3)どんぶりに豚ひき肉と醤油を入れ混ぜておく。
(4)しいたけは薄切り、アスパラガスは1㎝程度に切る、新タマネギはみじん切りにして(3)のどんぶりに入れて混ぜておく。しいたけとアスパラガスは餡用に少しよけておく。鶏がらスープの素を加え混ぜる。
(5)(2)を(4)のどんぶりに流し入れ混ぜ、中火から弱火で20分~25分程度蒸す。(菜箸で押して透明の汁があがってきたら完成です)
(6)中華餡を作る。Aとしいたけの戻し汁100ccと残しておいたしいたけとアスパラを加え中火で1分煮て、水溶き片栗粉を加えとろみをつける。蒸しあがった茶わん蒸しにそっとかける。青ネギを散らす。

どんぶりで作るから、存在感のある1品になります。シェアして楽しいお料理です。

2017年04月17日

カラフルトマトのカップサラダ

カラフルトマトのカップサラダ

2017-04-17-3.jpg

2017-04-17-2.jpg


【材料】2人分
カラフルミニトマト100g 新玉ねぎ10g 
A:(バルサミコ酢小さじ1 オリーブオイル小さじ1 ハチミツ小さじ1 ハーブ塩 少々)

【作り方】
(1)新玉ねぎはみじん切り。ミニトマトは4等分に切る。
(2)Aと(1)を混ぜて完成。カップに入れてスプーンで食べる。

簡単に作ることができます!
冷蔵庫で3日保存できます。味が馴染むとさらにおいしく。
スクランブルエッグとパンを加えたら、初めての一人暮らしでも簡単に作れる朝食メニューへ。
パンにはさんだり、クラッカーに載せてカナッペにしても美味しいですよ。


2017年03月16日

鶏肉のブラッドオレンジ煮

鶏肉のブラッドオレンジ煮
【材料】:2人分
ブラッドオレンジ4個 鶏肉250g ハーブ塩小さじ1/4
小麦粉大さじ1  オリーブオイル大さじ1 ベビーリーフ適量

2017-03-16-2-1.jpg

【作り方】:
(1) ポリ袋に一口大に切った鶏肉とハーブ塩を入れ馴染ませる。
(2)ブラッドオレンジ2個は絞って100ccのジュースを作る。2個は実を出しておく。
(3) (1)に小麦粉を入れまぶす。
(4) フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、弱火~中火で(3)を両面5分程度焼く。
(5) キッチンペーパーで余分な脂をとってブラッドオレンジジュースを入れ弱火で5分煮詰める。火を止めてブラッドオレンジの実を半分加え混ぜる。
(6) 皿に盛りつけ、残りのブラッドオレンジの実を飾りベビーリーフを添える。

ポイント:ブラッドオレンジで鶏肉を煮ると柔らかく風味が豊かになります。