えひめの食 食べて応援!旬なイッピン

2017年07月23日

「夏のやみつきキュウリ」~ごま油香る・キュウリの酢の物~

【商品情報】
JA愛媛たいき きゅうり

生産者:中岡將さん
2017-07-23-den004.jpg

2017-07-23-den002.jpg

内子町五十崎地区。
JA愛媛たいき管内ではおよそ200戸がきゅうり栽培に取り組んでいて、
中岡將さんはきゅうり栽培30年のベテラン。
栽培しているのは「豊美2号」という品種。つやがあり、さわやかな風味が楽しめ、濃い緑色をしていることから「緑のダイヤ」というキャッチフレーズが付いている。夏場は成長が早く、1日に5cm以上伸びることもあるとか。朝夕の2回収穫し、鮮度の良いうちに出荷する。


2017-07-23-den005.jpg

【材料】2人分
キュウリ2本 鶏むね肉100g 塩小さじ1/4 酒大さじ2
A(醤油大さじ1 砂糖大さじ1 酢大さじ2 梅肉大さじ1
 ごま油大さじ1 白ゴマ大さじ1)

【作り方】
(1)キュウリを千切りにして塩を加え混ぜて10分置く。
(2)鶏むね肉を半分に薄く切りフライパンに酒大さじ2を加え5分蒸し焼きにする。そのまま火を止め5分置く。(余熱で火を通す)(酒蒸しにすることによってふんわり仕上がる。パサつかない。余熱で火を通すとしっとり仕上がる)
(3)鶏むね肉を千切りにして(1)に加える。
(4)Aを順番に加えていく。
(5)全体に混ぜ合わせて器に盛る。

多めに作って冷やし中華に載せたり、冷やしうどんの具にしても美味しいです。
ビールのおつまみや枝豆を加えるのもGOOD!!
しらすを加えたり色んなバリエーションで楽しめます。
2017年07月09日

絹かわなすのラタトゥイユ

【商品情報】
JA西条 絹かわなす

生産者:真木和親 さん
2017-07-09-ippin002.jpg
2017-07-09-ippin004.jpg

愛媛の三大伝統野菜の一つ「絹かわなす」
元々、西条市神戸(かんべ)地区のみで"ぼてなす"などの名称で栽培され、
地元で消費されていたもので、いまでは「愛あるブランド産品」にも認定されている。
大きさが特徴。"両手で水をすくうくらいの大きさ"がベストで、約350グラムほど。
大きいものは500グラムにもなるという。
皮が薄く絹のようになめらかで、果肉はジューシー。火を入れるとトロトロになる。
生産者の真木さんは「地域の先輩方が苦労を重ねて4~50年種を取りながら守ってきた。栽培のむずかしさはあるが、これからも守っていきたい」と話す。





2017-07-09-ippin007.jpg


【材料】2人分
絹皮茄子1/2個 ズッキーニ1本 赤ピーマン1個 
トマト2個(約200g) 塩小さじ1/2 ケチャップ大さじ3 
オリーブオイル大さじ1 

【作り方】
(1)絹皮茄子は角切りにして塩もみする。ズッキーニ、カラーピーマン、トマトも角切り。
(2)フライパンにオリーブオイルを入れ赤ピーマン、ズッキーニを炒める。最後にナスを加え、トマトとケチャップを入れ蓋をして中火で10分煮込む。
(3)皿に盛りつけ温泉卵を載せて温泉卵のつけタレをかけて完成。

ナスは油を沢山吸うので、先に塩もみすると油を吸いにくくしっとり仕上がる。ナスの旨味も引き出せる。
パンを添えたり、ご飯に載せても美味しい。

2017年06月25日

みかんジュースのグラニテ・フルーツ入り

みかんジュースのグラニテ・フルーツ入り
【商品情報】

ポンジュース

2017-06-25ippin006.jpg
2017-06-25ippin002.jpg


今回は「こだわりは、まじめです。」のキャッチコピーでおなじみえひめ飲料。
松山市内の本社工場では、徹底した衛生管理の下、みかんなどの柑橘原料を搾汁処理し、ストレート果汁や濃縮果汁などを製造しています。
中でも「POM完熟愛媛みかんストレート」は、冬に収穫した愛媛県産の完熟うんしゅうみかんをフレッシュな味わいのまま冷凍保存し、需要が高まるこの時期にジュースとして生産しているそう。濃縮していないストレート果汁なので、果実感あふれるジュースに仕上がるそうです。
2017-06-25ippin003.jpg


2017-06-25ippin008.jpg
【材料】:2人分

完熟愛媛みかんストレート200cc スイカ20g ブルーベリー20g
作り方:
(1)スイカは種を取り小さく角切り。ブルベリーは洗っておく。
(2)みかんジュースをホーロー等の器に入れ蓋をしないで冷凍庫で1時間置く。
(3)半分くらい固まった(2)を混ぜて空気を入れ再び40分冷凍庫で凍らせる。
(4)(3)を混ぜてスイカとブルーベリーを加え再び40分冷凍庫で凍らせる。
(5) 混ぜて、シャリシャリに固まったら器に盛りつけて完成!!

手軽にすっきりとしたグラニテが味わえます。
お好みの季節のフルーツを入れて楽しんでみてください!!





2017年06月11日

彩り焼き野菜の麦みそドレッシング仕立て

【産地・商品情報】
はだか麦(品種:マンネンボシ)

生産者:近本静信さん

2017-06-11ippin002.jpg


2017-06-11ippin003.jpg

愛媛県は30年連続で生産量日本一を誇るはだか麦の一大産地。
JA今治立花管内でも15軒がはだか麦を栽培していて
近本静信さんも父親の代から約50年に渡り、はだか麦の栽培に携わっています。
はだか麦は大麦の一種で、栄養価・機能性にも富み
主な成分である食物繊維は白米の10倍以上と言われています。
主な加工品は、主食用の押し麦、麦味噌、麦茶、麦焼酎などです。


2017-06-11ippin004.jpg

2017-06-11ippin007.jpg

【材料】:2人分
長ナス1/4本 ズッキーニ1/4本 ジャガイモ小1個 ニンジン1/4本 アスパラガス1本
赤パプリカ1/4個 ヤングコーン2個 オリーブオイル小さじ1
(麦みそ小さじ1 醤油小さじ1 きび砂糖小さじ1 酢小さじ1 オリーブオイル小さじ1
クルミみじん切り小さじ1)


【作り方】:
(1)麦みそドレッシングを作ります。Aを混ぜ合わせてドレッシングは完成。
 混ぜる順番は並び順で

(2)長ナスは斜めに輪切り4等分。ズッキーニは輪切り4等分。ジャガイモも皮をむいて5ミリ程度の厚さに輪切り。ニンジンも5ミリ程度に輪切り。赤パプリカは縦に4等分に。ヤングコーンは縦に半分に切る。

(3)フライパンにオリーブオイルを入れ、ズッキーニ、ジャガイモ、ニンジン、アスパラガスを重ならないように並べて蓋をして蒸し焼きにする。
 フライパンにのらないので2回に分ける
 ポイントは蓋をすること。蒸し焼きになって野菜が美味しい

(4)同じようにして長ナス、ヤングコーン、アスパラガスを焼く。
 ナスは油を吸うので、最初に焼くと油がなくなるので、2回目に焼くとよい

(5)皿に盛り付け(1)の麦みそドレッシングをかけて完成!


焼くことで野菜の甘みが引き出され麦みそドレッシングと相性抜群です。

2017年05月28日

豚肉のアスパラ巻・彩りトマトと卵添え

【産地・商品情報】

ふれ愛・媛ポーク

産地:大洲市菅田町
生産者:JA愛媛たいき管内、多田ファーム 松田智社長

2017-05-28-3.jpg


2017-05-28-4.jpg

今回お邪魔したのはJA愛媛たいき管内、大洲市菅田町にある多田ファーム。
現在、ふれ愛・媛ポークとなるハイコープ豚を年間約3万5000頭出荷。
これは、ふれ愛・媛ポーク全体の4分の1以上を占めています。
豚を育てるにあたり、最も気をつかう事は衛生管理だと話す多田ファームの松田智社長。
豚舎に入る前に全身をくまなく洗った上、防護服に着替え、徹底した消毒。

養豚の三大要素は「空気・水・エサ」だと言う松田社長。中でもエサは、独自配合のものを使用し、豚の健康を考えて免疫力が上がるよう、ミカンの皮の粉末を配合しているそう。きめ細やかな肉質と、脂肪と赤身のバランスがよいのが「ふれ愛・媛ポーク」の特徴です。





 
2017-05-28-5.jpg
【材料】:2人分
豚ロース薄切り8枚 卵2個 アスパラガス2本 ミニトマト5個
マヨネーズ大さじ2 塩コショウ少々 オリーブオイル小さじ1

A(ハーブ塩小さじ1/4 オリーブオイル小さじ1)


【作り方】:
(1)豚肉を広げ、軽く塩コショウをしておく。
(2)アスパラガスは根元を1㎝切り、4等分にする。
鍋に水を2㎝程度入れ沸騰したら2分茹でる。ザルに上げて粗熱を取る。
(3)豚肉にアスパラガスを巻く。巻き終わりを脂にすると、少ない脂で焼く事ができる。
(4)フライパンにオリーブオイル小さじ1を入れ、(3)を中火で5分程度こんがり焼き、皿に盛りつけておく。
(5)ミニトマトは角切りにしてAと混ぜておく。
(6)卵を刻んでマヨネーズと和えて(3)に載せる。(5)をかけて完成。

彩りよく、栄養満点の一品です。
おもてなしの料理にもお弁当のおかずにも使えます。
甘辛ダレで仕上げることの多い肉巻も、あっさりとお洒落に食べられます。
ワインやビールのお供にもお勧めです。