ICT体感日記 麻希が見る!◯◯のこれから

2018年11月07日(水)

愛媛県の観光サービス(愛媛県庁)

愛媛県庁の国際交流課に行ってきました。

s-181107-1.jpg

愛媛県では外国人観光客が言葉の壁の不自由を感じることなく快適に滞在できるように

県内の観光施設などでタブレットやスマートフォンを使って

9か国語の通訳に対応できる24時間対応の多言語コールセンターを

NTTマーケティングアクトに委託し、今年8月から開設しています。

s-181107-4.jpg

海外からの観光客の皆さんに愛媛県の良さをどんどん発信してほしいですね。

 

2018年10月31日(水)

ご当地フリーWIーFi

s-181031-03.jpg  

内子町の観光案内所「旅里庵」に行ってきました。

s-181031-04.jpg

s-181031-05.jpg

s-181031-06.jpg

s-181031-07.jpg

内子駅に隣接する旅浬庵は、五十崎の和紙製品や内子名物など、ちょっとしたお土産物も買える場所で、こちらでは「うちこフリーWi-Fi」が使えます。

s-181031-01.jpg

他にも内子座など、内子町の様々な観光施設で「うちこフリーWi-Fi」が使えるようになっていて、県内外からの観光客にはもちろん、外国人観光客にも嬉しいサービスですよね。

今後は、災害時の避難所となる施設へもフリーWi-Fiの整備を進めていくそうですが、

いつ起こるかわからない自然災害への対策って大切ですよね。

2018年10月24日(水)

内子情報通信

 

s-181024-03.jpg

内子町にある石畳地区にやってきました。

s-181024-02.jpg

内子町では、通信インフラの地域間格差を改善するために、去年12月に情報通信基盤が整備され、このような山間部でも光回線のインターネットサービスが受けられるんです。

s-181024-01.jpg  

石畳を思う会 西山さんにお話しを伺ったところ、

整備されたインターネット回線を通じて、栗など、特産品の
ネット販売や情報発信ができるようになったということです。

s-181024-00.jpg

s-181024-04.jpg

s-181024-05.jpg

s-181024-06.jpg

これからますます、石畳地区の発展に繋がりそうですね。 

2018年10月17日(水)

ICTイベント ボートレースまるがめ 2

ボートレースまるがめでは、

デジタルサイネージを使って、施設や選手の情報、周辺の地域情報を見ることができます。

また施設内のフリーWiーFiに接続して、

同じ情報を利用者のスマートフォンでも見ることができますよ。

また簡単に、記念撮影もできるんです。

選手になったかのような特別フレームもありますよ。

s-IMG_6067.jpg 

訪れた際に記念に1枚いかがですか?

2018年09月19日(水)

ICTイベント ボートレースまるがめ

香川県にあるボートレースまるがめで、ボートレースVR体験をしてきました。

ドローンで撮影した360度の映像を見ることができるんです。

s-181012.jpg

右の画面に、私が見えている画像が写っています。

そして、画像だけでなくヘッドフォンから音も聞こえてくるんです。

席が動いたり、風も吹いたりと、本当にレースをしているかのような感覚でした。

家族連れでVR体験をされた方から

「おもしろかった」とか「リアルだった」などの感想も聞こえてきました。

 

2018年09月12日(水)

VR体験のこれから

新居浜市にある住友化学では、ICTを活用したVRを使って

従業員の交通安全意識の向上に努めていました。

私も実際にVR体験してみましたよ。

s-180912-1.jpg  

ゴーグルの中は何が見えているのかというと・・・

s-180912-2.jpg

自分が自転車を運転している景色や
自動車目線の画像やここが危ないという画像などです。

s-180912-3.jpg

VRというと、ゲームやイベントのアトラクションで体験できるものというイメージが強かったのですが、このような教育にも活用されるんですね。

 

2018年09月05日(水)

交通安全教育のこれから

s-180905-03.jpg

新居浜市の住友化学を訪れました。

s-180905-02.jpg

VRを使った従業員の自転車交通安全教育が行われていて、

複数のシチュエーションで発生する事故を仮想体験し、

実際に起こりうる事故に近い感覚で学習することができます。

s-180905-00.jpg

受講されている社員の皆さんの中には、

リアリティのあるVRの映像に思わず声があがる方もいらっしゃいました。

 

2018年08月29日(水)

子育てモバイルサービス

s-180824-1.jpg

西条市総合福祉センターに行ってきました。

s-180824-2.jpg

センター内には、子育て支援センター「ひだまり」が設置されていて、

同じような子育て真っ最中のお母さん同士、おしゃべりしながら、

子育ての喜びや悩みを共感しあえるそうです。

s-180824-3.jpg

子育てモバイルサービス「ハピ♡すく」について聞いてみたところ、

子どもの予防接種等のスケジュール管理や電子掲示板を使って

保護者同士で子育ての悩みを相談し合ったりできるそうです。

s-180824-4.jpg

核家族で子育てする世帯が増えている昨今、頼りになるサービスですね。

2018年08月15日(水)

市民サービス(西条市)

s-180815-1.jpg

西条市丹原総合支所に伺いました。

s-180815-3.jpg

聴覚にしょうがいのある方と、西条市役所本庁にいる手話通訳ができる担当者が

タブレットで会話をしていました。


s-180815-2.jpg

これで、本庁まで行かなくても、支所で手続きが済ませられますね。

今まで筆談だったのが、顔をみてコミニュケーションがとれるようになったことで

スムーズな対応ができるとのことでした。

ICTがこのような市民サービスでも活用されているのですね。

2018年08月08日(水)

西条市の健康対策

s-180807-1.jpg

西条市のわくわく健康ポイントの説明会と測定会にお邪魔しました。

s-180807-2.jpg

参加者の方たちは、ポイント付与の仕組みや測定器の使い方、データ送信の仕方などの説明を受けていました。

自分一人では継続しづらい運動も、こういった取り組みを利用することで続けられそうですよね。

s-180807-4.jpg

しかもポイントがたまって、商品券に交換できるなら、一石二鳥以上のものがありそうですね。